政治への幻滅

政治・社会不信・防衛

政治への幻滅。若者の政治嫌いは昔からのもので、今に始まったものでは無い

若者の政治嫌いは戦後から始まっていた。政治への無関心は、敗戦後の教育から引き継がれてきたもので、未だその悪しき風習が残ったままなのです。これはGHQの占領政策の一つで、国に愛着を持たせない、日本の将来や政治に対しても興味を持たせないように仕組んだことから始まります。学校教育から始まりマスコミの政治不信への誘導、これこそが自虐史観の洗脳教育そのものなのです。
タイトルとURLをコピーしました