大嫌いでも東京に住み続ける田舎っぺ

社会・国際情勢

海ヒト人:パッとしない田舎っぺ同士が集まると東京の悪口で華が咲く、東京批判は日頃のうっ憤のはけ口だ

大嫌いでも東京に住み続ける田舎っぺ
東京に住みながらも東京嫌いの人はやたらに多い。よく、東京での人間関係にストレスを感じ嫌気が刺したという話を聞くが、人間関係の話が何故に東京嫌いに発展してしまうのだろうかと訝ってしまうのです。東京は何故悪口を言われてしまうのかという素朴な疑問に迫ってみます。

 

田舎人の場合、東京に住んでいながらも東京の悪口を滅茶苦茶にいう人は非常に多い。

そういう人は田舎という拠り所と夢の逃げ道があるので、敢えて東京をスケーブゴートの対照にして発散するのです。

というか、他の県だったら迂闊には言えないが、東京だったら別格と言う甘えと、反骨の精神も手伝って、何を言ってもいいとなるようなのです。

 

どうしてこうなるのか、東京は田舎から出てきた人ばかりなので、東京の悪口は負けもん田舎人同士の連帯と発散に繋がるからです。

また、けなしたところで本物の東京人は少ないし、東京人は同郷精神も薄いし聞き慣れ感もあって、大人の対応も取れるので喧嘩にもならないからです。

それを見越しているので言いたいことが言えてしまうというわけです。

そうは言っても調子に乗って言い過ぎるアホもいるので不快千万なことです。

 

こういう連中に共通しているのは、決め付けが激しく、そして気持ちが小さいということ、なので自分が住んだ街や人間関係を見据えただけで決め付けの判断をするのです。

勿論、下町の良さも判らないし、山の手地域にも無縁の人たちです。

 

 

さらにこういう連中の悪い癖は、東京の悪口を散々捲し立てながら、自分の出身地の自慢を並べ立ててくるのです。

ところが、それを少しでも茶化したりしたら烈火のごとくに怒り出すのです。

 

それと、よく東京の人間は冷たいだのということをやたらに聞かされますが、えっ、それって本当に東京の人なの?それは東京に住んでいる東京嫌いの田舎っぺのことじゃないの?なんてね。

 

そもそも東京で成功している人は、根っからの都会人など少数に過ぎないのです。

東京で出世を遂げている人達の多くは田舎出身の人達なのだということ、この人達の努力によって東京は発展をし続けているわけです。

ということで、東京の悪口をいう人は、こういう成功者に対しても鼻につくようで、典型的負け組の遠吠えとも言えるわけです。

 

東京は夢を求めに来た人の玄関口

そもそも東京には起業であり就職であり教育であり、ありとあらゆる人達の夢を実現させる下地が揃っているのです。

当然、東京に来ないと実現できないものも沢山あるわけです。

 

 

東京はこれがダメならあれがあるというくらいに選択肢も無限にあるのです。ということはチャンスも無数にころがっているということです。

ある意味東京は化け物的存在、そんな東京を田舎と対比させて考えること自体がナンセンスなのです。

何よりそんな刺激を得られるのは東京以外に無いのです。

それでも東京の悪口を言うか!このどん百姓やろう!!なんてね。

 

確かに、嫌いと言う言葉はあまりダイレクトには言わないものだけど、東京の場合は結構言う人が多い感じがするわね。

 

若い頃は心底、東京を嫌っている奴が結構いた、何といってもブラックな会社が多かったので、それも判らないではない。

ところが、ブラックから抜けだして、そこそこ安定した社会に出たら、東京の悪口を殆ど聞かなくなったのだよ。

 

まあ、私の場合は、東京生まれといっても、とっくに東京を捨て去った人間なので、今更、面と向かって東京批判をされようが腹も立ちませんが、気分はよくないことは確かです。

今は拠点であるユルユル田舎のハーフビレッジの伊東が一番で、自宅がある湘南が二番、そして東京が三番手という感じです。

 

東京批判の風習は昔からあったことなのでしょう、しかし、笑い話で済まされてしまう。

東京生まれとしては少し寂しい気がするが、これこそが東京の寛容さなのです。


実は、東京に多いブラック企業の経営者の多くは田舎から出てきた人たちなのです。

根っからの東京の人間はモヤシ人間ばかりなので世間体もあり大胆なことは出来ないのです。

知らない土地だからこそ、心を鬼にすることも出来るのです。

 

最近では、東京に嫌気が指す人は都会人にも多く、田舎に新天地を求めようと考える人も後を絶たないようです。

その多くは、田舎の手痛い洗礼を受け、早々と撤退するのです。

そうなって、初めて東京の凄さと寛容さに気づくことが出来るのです。

 

そう、東京はいつでもあなたを受け入れてくれるのです。

 

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました