黙れクソガキ地球は潰れない

社会・国際情勢

海ヒト人:やはり、ノーベル平和賞最年少受賞者はマララのままで本当によかった

黙れクソガキ地球は潰れない
幸福度超最高なスウェーデンが生んだ環境活動家のグレタ・トゥーンベリさん、この方、一時は恫喝一本でノーベル平和賞候補の最有力ともなったのです。まあ、受賞は逃しましたが、今度は「COP26」で、お得意技の怒りのパフォーマンスが復活です。考えているふりをしているだけの政治家に向けて「ベラベラしゃべるんじゃない!!」と一喝だ!!

 

コロナによってしばらく鳴りを潜めていたグレタですが、イギリスグラスゴーで開催されている「COP26」で、今度は「ベラベラしゃべるんじゃない!!」と各国首脳に向けて怒りを発しています。

政治家達は、考えているふりをしているだけと、相変らず手厳しいご指摘。

確かに!寝ぼけのジョーことバイデンさんは居眠りをしていましたしね。

 

「人類は分かれ道に立っている」、「地球のために戦い続ける」と宣言し強烈なにらみを利かせたグレタの出現に大人たちは完全に足元がすくんでしまった。

この発言は、確かにインパクトが大きかった。

クソ生意気な小娘と思っていたら、彼女ももう18歳、二十歳を過ぎてしまったら、最年少環境活動家の看板も下ろさなくてはならないし、睨みのパフォーマンスも限界なので、賞味期限切れ待ったなしとなりつつあるようです。

そもそも小ガキの発言は、単純そのものなので、受けるのは最初だけ、メディアは面白がって取り上げるが、奥行きが無いので歳とともに発言も取り上げられなくなるのです。

こうしたガキを裏から操るやり方は昔からあって、実にしたたかで卑怯な戦法の一つなのです。

日本の場合、ガキの投稿を絡めたりするのは新聞屋の得意技でしたよね。


反論されても、即座に皮肉で切り返すところが、こいつの凄いところであり可愛げのなさ、この憎々しさ、年長者に対する敬意の欠如はどう考えても日本人には馴染まない。

いや、ガキの命令口調などイスラム圏にいったらもっと大変なことになる。

最初の頃は、グレタを持ち上げていたバカマスコミですが、これはヤバイと察して扱いをトーンダウンさせたのでした。

 

経済活動を真っ向から否定するグレタ

このクソガキ冷静に考えても途轍もなく危険な奴です。

グレタの発言は、人類の発展そのものを完全否定するくらいの過激な発言ばかりなのです。

先人たちのたゆまない努力の末、数々の発明を生み出し進化を遂げてきた現代社会ですが、グレタに言わせれば、そんなものは、ただの欲の極みと断罪されてしまうのです。

そして、こんな不埒な人間の欲望のために地球が破壊されてはたまらないと言い切り、発電そのものを即刻やめろといいだしたわけです。

オイオイ、なに言ってんのコイツ、発電止めちゃったら、世界中が大パニックとなって餓死者続出の断末魔となっちゃうぞ、いやー恐ろしや、あのおっかない顔つきを見ると、本気で言っているようにも感じてくるのです。

 

とにかく、グレタの言うことは極端過ぎ、地球温暖化で多くの人が亡くなっているなどと警告しているけど、えっ、温暖化で人が亡くなる?って、それどこの話なの?

リポート体験でもした上で発言してくれるのだったらまだしも、君は確か飛行機にも乗れないので足回りが極端に悪い人だよね。

現実的には、経済が循環しないことで餓死するなどで亡くなる人は相変わらず多いのです。

ということは、温暖化じゃなくて経済が回らなくて貧困に落ち込んだために多くの方が亡くなっているわけです。

そんな状況で、経済を止めちゃったらどうなるだろうか、経済活動の停滞は温暖化よりもっと多くの人が不幸になるは確実です。


ここまでの重要問題ともなると、物事の中間をへし折って成り立つ話など無いのです。

もう18にもなったのだからハッキリ言おう。

グレタ!お前はトンデモ女の類だ!!!

 

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました