スローな生活「時間よ止まれ」

スローライフ

海ヒト人:時間の流れとジャネーの法則

スローな生活「時間よ止まれ」
歳を取ると時間の流れが速くなるってよくいいますが、65を過ぎた時点で、だんだん実感できるようになってしまったのでした。そもそも時間が短縮されるなどあり得ないことなので、自分の体感がおかしくなってきたということなのでしょうか、実はこれ、心理学で証明された話なのだそうです……。

 

同じ時間なのに年齢によって長く感じたり短く感じたりするって本当なの?

 

歳を取ると時間の流れが速くなるってよくいいますが、だんだん実感できるようになってきました。

 

これは焦りの表れなのでしょうか。

 

本来、時間の流れは誰しもが平等な筈ですよね、ところが心理的描写によって差がついて行くことが証明されているのです。

 

それが「ジャネーの法則」という理論です。

 

同じ1年でも10代の頃と60代では、その感じ方が10分の1と60分の1でまったく違うそうなのです。

 

この研究で証明されたのは、歳を取ると若者と違って体感時間が短縮されることが判ったのです。

 

これは、どういうことなのかと言うと、体の代謝機能の問題が影響してくるそうなのです。

 

高齢になると代謝機能が低下してくるので、体内で感じる時間の進み方が鈍り出すことで、時間の過ぎるのが早く感じてしまうそうなのです。

その要因としては、年よりの場合、沢山の体験を積んできていることで物事への刺激が薄れていることが挙げられ、また、時間に束縛されない生活を送っていることで、行動力も鈍り、時間経過に無頓着になることで体感時間が短縮されてしまうそうなのです。

 

しかし、これを聞いてしまうと我々年よりは本当にショックですよね。

 

この理論を発案したポール・ジャネは、この克服には、常に新しいことに挑戦することだと提唱しています。

 

そう、ボケっとしていたら時間はすぐ過ぎちゃうし、歳をとったら10年なんてあっという間だというわけです。

 

確かにそうかも、そうなると私たちが実践している遊び心の探検などはそこそこ適した話でもあるわけです。

 

要は、時間に鈍感になるか否か、すべては自分が決めること、生き方一つで大きく変わるのです。

 

何もしないでボーツとしていると、時間の経過はあっという間だよ、ということなのです。

 

 

 

何もしないとどんどん時間が早くなってくる、は本当だったということ、とにかく、一週間が経つのが恐ろしいくらいに早くなってしまった。

 

冗談じゃない!そんなの寿命を早めるだけ、よーし判った!もっとスローに生きて、時間を有意義につかうぞ!!

 

こんなのを聞いちゃうと時間を上手に使わないともったいないですよね。

 

時間をスローにさせる、スローとボケっとするは違う、スローは時間を止めさせる、ボケは何もしないから時間が通り過ぎて行く、スローを実践して充実した日々を送ろうじゃないか!!!

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました