釣りでスローライフ

スローライフ

海ヒト人:ハーフビレッジ(便利な半田舎)の伊東での生活は、釣りもスローライフの一つ

 

釣りでスローライフ
ハーフビレッジ(便利な半田舎)の伊東で釣りをしながらスローライフの生活を送る。私の釣りのホームグランドは目の前の海、夏場は海水浴場となっている浅い海なので、大物は釣れませんが、私がターゲットとしているキス釣りには充分な場所なのです。ここで釣った魚を調理して食べるというのが、毎日の日課です……。

 

私の釣りは、メチャクチャ簡単、シンプルでお金も掛からない誰にでもできる釣りなのです。そこに海近に住むという好条件も揃ってしまったので、ある意味最強な趣味なわけなのです。

 

私の釣りのホームグランドは目の前のここ、私が釣りをしている姿が家の窓から確認できるし、私も窓から手を振る女房の姿が確認できるという環境なわけです。

 

目の前の堤防を拠点として釣りをしています。

 

まあ、たいして釣れない堤防ですが、ここを拠点にして、周辺を歩き回って釣りをするというスタイルが私の日常なのです。

 

私の釣りのターゲットはキスです。キスというと天婦羅が最高ですよね、実は、キスは天婦羅だけでなく、刺身にしても焼き魚にしてもおいしいのです。

 

そもそもキスは、サイズが小さいので、限られた食材しか知られていませんが、身にクセが無いので創作料理など、何にでも応用できる魚なのです。

 

私はここでキスを釣り、海でキスをさばいて家に持ち帰り、女房が色々な創作料理に仕上げて食べさせてくれるというわけです。

 

勿論、釣れるのはキスだけではありません。

マゴチやメゴチ、そしてホウボウやヒラメなどの高級魚もたまに釣れる時もあるのです。

今日は、あっという間にこんな感じ

上がキスで下が天婦羅で美味しいメゴチです。

 

まだ、6月なので、キスのサイズは10センチから15センチ程度の小ぶりですが、引きは凄くとても楽しめます。

メゴチも引きが強いし食べても美味しい魚です。

 

これが秋になるとキスのサイズも20センチ近くにもなり、竿の引きは強烈そのものでキス釣りの醍醐味が味わえます。

 

50匹以上釣れる入れ食いの日もあったりで、そういう時はキスを干して干物にし保存食として蓄えているのです。

 

さばいちゃうとこんなに小さくなってしまうのですが、全部身なので、それなりの食べ応えはあるのです。

いつもこんな感じで海でさばいています。

 

今日はキスの香草焼き、オリーブオイルやガーリックを効かせてスパイシーに仕上げた簡単料理、最高の味でした。

 

下がキスの香草焼きで上がメゴチの刺身、メゴチの刺身が食べられるのは釣り師の特権です。


そして、メゴチはポン酢醤油と唐辛子とネギで刺身で頂きました。

 

めちゃ美味しかったです。

 

なにより、自分が釣った魚を調理して食べられる毎日なんて至福そのものです。

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました