スローライフが育む心のゆとり

スローライフ

海ヒト人:心にゆとりを持つと今迄は見えなかったものが見えてくる

スローライフが育む心のゆとり
スローライフの実践によって、心のゆとりを持ったことで日常が大きく変わり、朝の聡明感や鳥のさえずり、虫の鳴き声までもが心地よく感じられるようになったという方は多いのです。 心の余裕によって、今迄気付けなかったことに気付く日がくる。今回はそんなリラックス効果について紹介して行きます。

 

「今が一番輝いている」そんな日々、時間にしたい。

その為に行動しよう、自分が打ち込めるものを探し、自分に出来そうな無理のないことを見つけ出す。

 

充実したスローライフの実践によって、日常生活が大きく変わり、朝の聡明感を伴い、鳥のさえずり、虫の鳴き声までが心地よく感じられるようになったという方は多い。

そう、自分の周りには気づかなかったたくさんの癒しの空間が存在していたのです。

 

何故気づけなかったのだろうか、それはストレス社会の余裕の無さで、当たり前の光景が自意識の中からは遠ざかっていたからです。

 

 

今迄、感じなかったものが心地よく感じられるのは心にゆとりを持てた証なのです。

集中できるものがあればイライラ感も消え徐々に充実感が沸いてくる。

 

同時にマイナス思考を払拭させること、心を広くして、おおらかさを持つ、自分はあくまで自分と言い聞かせ、人との摩擦を少なくし、誰かと比較することはやめにして自分をコントロールできるようになろう。

 

人は、心に余裕がなくなると、イライラすることで疲労感が増し、憂鬱な気分に晒されるのです。

 

ストレスは心の空間を狭くするので、血圧の上昇を招き、味覚も奪うので食欲も減退させ、更に集中力が狭まることで冷静さも失い、やがてネガティブ感に支配されてしまうのです。

 

心にゆとりを持つとは自分自身がハッピーであること。

ハッピーになりきり、心にゆとりを持つことで、心に広い空間ができ、今迄は認めることも出来なかったことにも理解を示し、受け入れることが可能となるのです。

 

心にゆとりを持つと自分に対してだけでなく、相手に対しても優しくなれるのです。

 

 

心にゆとりを持つための方法は、集中できる趣味を持つこと、それは旅行や音楽、運動そしてマインドフルネスのような瞑想心理など様々で、自分に合った方法を試してみるといい。

 

人生は一度限り、せっかくこの世に生まれてきたのだから、今を幸せに生きよう、今、目の前にあることを大切にし、好奇心に芽生えることです。

 

要は歳をとっても好奇心旺盛がいいということね、それにはモチロン行動が伴わないとダメなわけだ。

そういうこと、今すぐでも実践しよう、やろうと思うことを先延ばしにしてはダメ、先延ばしは癖になるので、時間だけが流れて行き後悔を生むだけなのです。

 

心にゆとりを持たせる為には自分に合った自分自身のリラックス方法を考え実践しよう。

 

スローライフな生き方は、ストレスの多い社会を生き抜いてきた自分へのご褒美と考えましょう。

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました