残念ながらスローライフは挫折する人も多い

スローライフ

海ヒト人:スローライフは誰でも簡単に実践できるが、すぐに辞める人も多い

残念ながらスローライフは挫折する人も多い
スローライフやシンプルライフは誰でも簡単に実践できるものではあるのですが、いざ実行してみると、しあわせ感に浸るどころか、すぐに挫折してしまう人も多いようなのです。それは現役時代のトラウマが邪魔して、気持ちの切り替えがうまくいかなかったのかと推測するのです……。

 

困ったことに、スローライフやシンプルライフという癒し系の世界は長続きしないというジンクスが出来上がりつつあることも確かなのです。

 

それはスローライフを実践してみたが、すぐに「飽き」てしまったという方が結構多いからです。

 

要は、「癒され」どころか、そこまで話が進む前に面倒になって「飽き」が来てしまったという話なわけです。

それは、ひょっとしたら気持ちの切り替えが出来ていない段階で、いきなりスタートをしてしまったのではと考えてしまうのです。

 

早い話、現役の慌ただしさを引きずったまま挑んだことで、ペースに馴染めなくて挫折してしまったのではないかということです。

 

そもそもスローライフは誰でも実践できる簡単な世界とはいえ、先ずは、「癒されたい」、「心ゆたかになりたい」というそれなりの願望が必要なのです。

 

それには気持ちの切り替えも大切なことです。

 

そもそも人間とは簡単に飽きが来るものなのです。

現役時代の場合は、夢中になれた趣味や感動したりしたことでも、仕事に忙殺されてしまうと、次々とかき消されていくものです。

なので、チョットした感動などは記憶にも止まらないことが多くなるのです。

 

飽きのトラウマは、スローやシンプルライフなどの癒し系にとっては、非常に足かせとなってしまいます。

 

出来ることなら現役時代から、周りには悟られずに徐々に気持ちの切り替えを図って行きたいものです。

 

リタイアした場合は、完全に気持ちを切り替えましょう、過去の雑念に惑わされてはダメです。

冷めた自分は捨て去り、好奇心旺盛な無邪気な自分になり切る。

スタートはここからです。

 

私は介護施設などで働いた経験があるから判るのだけど、冷めた感情を持っているお年寄りの方は頑固なので新しいものに挑戦しようとはしないのよね、それではつまらない余生を送るだけなのに。

60過ぎたとしても、そこから20年、30年の人生が待ち受けているのに、自分で勝手に終止符を打っちゃって、諦めの境地に踏み込んじゃっているわけだ。

諦めてしまうとその先にあった、見えていなかった部分にまでは到達できないので、大損なんだけどね。

 

それってよくよく考えたらもったいないことですよね。

下手すると自分の人生を変えるような出来事に遭遇出来たかも知れないのです。

 

ご承知の通り、幸せは向こうからはやってこないものです、何ごとにも行動することで変化は訪れるのです。

今一歩深入りしてみましょう。

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました