スローライフで「時間を賢く使う」

スローライフ

海ヒト人:何もしないと時計の針は早まるばかり、ついでに老化も早まってくる

スローライフで「時間を賢く使う」
時間はとても不思議なもので謎めいています。唯一判っているのは人間一人に与えられた時間は限られているということです。そんな中にあって、日本人の場合、定年後にせっかく誰にも束縛されない自由な時間を与えられたのにもかかわらず、なにもしようとしない人が多いのです。スローライフを実践して時間を賢く使いたいものです……。

 

以前、何もしないと時間は短縮して行くという「ジャネーの法則」の理論を紹介しました。

 

今回はスローライフを実践して時間を賢く使おうという話です。

 

時間の謎と神秘
時間はとても神秘的で不思議なものです。

時間は永遠に続くのだろうか、深く考えると頭が混乱してしまいます。

その正体はちっぽけな人間が考えても永遠に解けない謎なのです。

 

唯一判っているのは人間一人に与えられた時間は限られているということです。

 

定年後、せっかく誰にも束縛されない自由な時間を与えられたのに、なにもしないではもったいない。

 

日本人はプライベートの時間までも仕事に使っていたことで、時間の使い方が判らないままの人が多いのです。

なので、職場から解放されたことで、もう時間の制約は受けないとダラダラ生活を送ってしまうのです。

 

しかし、ダラダラと過ごすとだんだん優柔不断となり無駄でメリハリの無い動きばかりとなってしまい、周りからも取り残された存在となっていくのです。

 

しかも、時間を無視しても嫌が上でも時間は進み続ける、何もしない生活を送ると、時間と共に老化が進んで行くだけの虚しい人生を送ることになるのです。

 

ダラダラとスローは違う

スローでマイペースの生活を作る事は、スローライフの実践でもあります。

 

しかし、なにもしないダラダラはスローライフには値しません、メリハリをつけ余裕ある時間を作り出すことこそがスローライフの原点なのです。

 

時間とは決して止まることはなく一定に流れて行くもの、若い頃は時間を意識することも無かった、しかし、歳を重ねるごとに時間の流れは確実に早くなってしまうのです。

 

 

そう、あなたに与えられた時間はどんどん加速して行くのです。

 

ここにきて時間の大切さがやっと判ってきた気がするわ、何と言っても一週間が過ぎるのが早いのよね。

 

そもそも、時間は誰にでも平等に与えられているのは確かなこと、その時間をどうやって旨く使うかで、ゆたかになれるかが決まるのだよ。

 

時間を上手に使うと日々の生活も充実し、新たな目標も沸いてくるのです。

 

ある程度、年齢を重ねたら時間の使い方に賢くなろう、スローライフな生活はその為のものでもあるのです。

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました