コロナ過だからできる、人との関係も断捨離しよう

スローライフ

海ヒト人:人との距離を保つバランス感覚を身につけるチャンス

コロナ過だからできる、人との関係も断捨離しよう
ここに来て、断捨離を実践する人がとても多くなったと聞きます。しかし、断捨離はモノだけの話しではないのでした。そう、それこそが人の断捨離です。人との関係こそはモノ以上に多くのしがらみを抱える厄介なものです。人の断捨離によって、人との距離を保つバランス感覚を身につけなければなりません……。

 

コロナをマイナスばかりと捉えない、この際だからできること、今は一気にしがらみを断ち切るチャンスなのです。

 

ある程度の断捨離が済んで新たな気持ちでスタートしたら、人とも深入りはしない、距離間を持った生活を送ろう。

 

程良い距離間を持つことは、気遣いのない程良い人間関係を作るということです。

 

人には必ず自分だけの心の領域と言うパーソナルスペースというものが存在するのです。

歳をとったら、この領域を侵害されない、侵害してはいけない、という人とのつき合いが望まれるのです。

 

相手が心地よいという距離間を持つということ、これも配慮の一つなのです。

 

心に余裕を持ったら、同じ心の余裕を持った人とだけと交際しよう、心の余裕を持った人は、あなたの心を読んでいるので、配慮を施した付き合いが出来るのです。

 

 

相手とのバランスを保つこと、趣味での付き合いなどでは特に、相手側から切り出さない限りは、相手の家族や過去を詮索してはならない、相手に過度に執着しない、されないが原則です。

 

人との距離感を保つことは重要なこと、距離を間違えると予期せぬトラブルに見舞われることもあるのです。

 

ほどほどのグレーゾーンを持つ、
新たな付き合いでの年賀状などのやり取りはダメ、あくまで気持ちでのつながりを大切にする。

 

人とのつき合いは自分自身で制御できるのです。

 

気を使ってしまうような付き合いは避ける。気を使う人といると気持ちが萎えてしまう。もう相手の反応を気にするなんてバカバカしい付き合いはやめましょう。

 

人にはそれぞれの生活がある。

ある程度の年齢になったら人に頼るなど言語道断、勿論、頼られてもダメです。

現役をリタイアした後に人に頼られるのも最悪だ。

そんな付き合いは双方にとってよくない。

 

中には人の付き合いを拠りどころとしている人もいるが、それはそれで結構な話、しかし、現役をリタイアした世間一般の人の場合、付き合いが多すぎると負担と億劫に悩まされるものなのです。

 

なので、人の断捨離も必然のことなのです。

 

他人に必要以上によくしても、それをそっくり返してくれることは稀だ。

自分が思うほど相手には伝わっていないことが殆どだ。

お人よし能天気な人物だと、言われて初めて気がつくというケースも多い。

 

人間関係の距離が短すぎるとトラブルの原因を生む、リタイアした人間には人の面倒を見る余裕など無いのです。

 

歳をとったら密な付き合いは避ける。

残りの人生は自分のしあわせだけを求めて行こう。

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました