70定年なんてふざけるな!!

スローライフ

海ヒト人:高年齢者雇用安定法の改正によって70歳定年だとさ!!政府やマスコミのまやかしに惑わされてはいけない

70定年なんてふざけるな!!
70まで働くとなったら、それはそれで仕事が生きがいという人はいい。しかし、老後の余暇を楽しもうという人には60代を棒に振ったら後悔することとなる。何といっても、辛うじて体力が温存できるのは60代なのです。そういう意味でも、健康で体が動く充実した時にやるべきことはやっておきたいものです。

 

70まで働かされたら、第二の人生は殆どなくなるので、くたびれ果てて辞めた途端に老人ホームに直行という人も出てくるでしょうね。

結局、これも年金受給の繰り下げを狙った策の一つです。

ところで、「仕事が生きがい」な人が多いと、やたらにマスコミが喧伝しているけど、本当かいな?

この言葉は、早くに脱サラして組織から絶縁した私から見ると異様に感じるのです。

 

「仕事が生きがい」確かに経営者だったら、自分の裁量、器量で切り盛り出来るので威張り散らせるし、社長、社長と持てはやされるので、楽しいのは判るのですけどね。

サラリーマンという宮仕えのままじゃ、管理状態の勤労奉仕の洗脳から抜け切れていないのでは?とも考えちゃうわけです。

 

年寄りに世知辛い時代

年寄りがいくら「仕事が生きがい」で働きたいと願っても、年寄りに宛がわれるのは、便所掃除や交通誘導員やガードマンといった体力仕事しかないのです。

 

 

ということで、世の中の3分の1が年寄りの時代なのに、年寄りには体力に見合った仕事についてもらおうという優しい気持ちなどは微塵もないということ、言葉は悪いが、年寄りには掃きだめのような仕事しか宛がおうとしないのです。

 

60代を棒に振ったら後悔するだけ

「第二の人生」を一番謳歌できるのは、60から70歳前半でしょう、これは私自身が実体験中なので、つくづく実感させられます。

ということで、60代だと、取り敢えず無茶さえしなければ、登山、スポーツ、アウトドア、旅行など大体のことにはチャレンジできるのです。

それが、70を過ぎると、あらゆる行動が制約を受けることになるのです。

そんな中で、70まで働いたら、老後の楽しみは短くなる一方で、ヘタすると仕事を辞めたら老後を楽しむどころか一気に老け込んでしまう可能性もある。

 

私の場合は、65歳からスローでフリーな生活を続けていますが、理想を言えば60からでもいいくらいに思うのです。

70代になるともう無理という境地に晒されることがたくさん出てきそうに感じるからです。

なので、体力・気力がまだまだ旺盛な60代は貴重なのです。60代でやっておかないと後悔することは多いということです。

人生100年は眉唾

そして何より、全員が100歳まで生きられるわけではないことも肝に命じたい。

寿命が延びたと言っても、すべての人には当て嵌まらないのです。

 

そうよね、100歳が騒がれているけど、実際は8万人しかいないのよね。

 

寿命が延びたのは確かだけど、医療の進歩で寝たきりで生かされている人も多いわけだ。

生きている限りは自分の意思で動けるようじゃないとね。

 

60,70そこそこで亡くなる方も多い、鉄人と言われた野球の衣笠も71で亡くなっているし、俳優の地井武男、渡瀬邦彦、大杉連、人間なんていつどうなるか予測もつかないのです。


現在、私は69歳になったばかり、65歳を起点にまさかの老化が来てしまった。

耳は遠くなるは、視力は落ちるは、足はむくむは、片足立ちは出来なくなるはで、体力の衰えは想像以上のものでした。

加えて食も細くなり、大好きだった丼物は普通盛りもたいらげることが出来なくなってしまった。

味覚で満足感を得られなくなるという喪失感、こうなると、あーもう無理は出来ないのだなと自分を諫める諦めの境地に晒されるのです。

これは誰もが避けて通ることが出来ない宿命なのです。

だから、やれる時に動ける時にやっておかないと後悔を生むこととなる。

せっかく、誰かが「第二の人生」と言う、すばらしい言葉を作り上げたのに、その言葉を死語にしようなんてどうかしています。

 

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました