令和のサムライ通信プロフィール

令和のサムライ通信

 

 

世の中の出来事、政治・社会問題、歴史、海外での出来事など、これって、結局何だったの、という疑問を簡単、判りやすく解説したり、時には、矛盾した世の中の出来事をサムライ魂を込めて、ソフトに切り込んだりもしてみますというブログです。

また、これって何の意味?という言葉の意味も解説して行きます。

本や雑誌を読んだり、仕事場などで、一つの単語や出来事などが意味不明だとその会話についていけなくなってしまうことってありますよね、更に、やたらに難解な言葉を入れ込んだり、カタカナ文字を頻繁に使う人がいたりすると、毎度それをスル―するわけにもいかなくなる。

しかし、今さら恥ずかしくて人に聞くわけにもいかない、そんな悩みに少しだけ役立てればと言うことで解説を開始してみました。

経済や歴史、そして世界情勢では、これさえ知っておけば、プロの先生方の解説にもついていけるようになるかも、また、この雑学的な解説が基で、そのテーマに興味を抱く扉となったとしたら本望です。

基本的に昔の体験や知識、そしてかつての取材を基に編集したものです。
ストレートに解説するのではなく逸話や関連も交えて、簡単、判りやすくをモットーに説明してきます。


マスコミ報道の監視
ネットの登場によって情報を独占していた新聞・テレビの正体が暴かれ、存在意義すら問われています。
新聞の権威の失墜は止まることがありません、今後も新聞離れが続いていて行くことは避けられないでしょう。それは系列であるテレビも同じ、もう彼らの誘導に惑わされてはならない。しかしながら彼らの驕りはいまだ健在なのです。
当ブログでは、新聞・テレビマスコミの報道の原則を逸脱した情報操作の行為を糾弾し異議も唱えていきます。

 

著者プロフィール
性別:   男
年齢:   60代
出身:   東京・深川、取り敢えず江戸っ子
住まい:湘南地区
趣味: 小物狙いのチョイ投げ釣り

主な経歴
学生時代から、バンドや芸能などの世界に入り込み、食えない厳しさといい加減さを充分に体現したことで、組織に馴染めない根性が芽生えてしまう。

卒業後は、建設業界紙に籍を置き、企画の立案、編集、広告を担当。

30で脱サラ、フリーライターとなり、その後、33歳で会社設立、Sグループの経済産業紙などに特集企画を持ち込む企画立案会社を立ち上げ、そこそこの収益を上げるも、10年も経たないうちに早くも企画ネタが尽きてしまう。

その後は、欲を出して、様々な事業に参入するが、すべて失敗に終わり、本業の稼ぎを食い潰す結果となる。
独立後の27年間は、本業が継続出来たが、最後のほうでは、事業の権益の殆どを騙し取られ、すってんてんとなる。

その後、無い頭を使い過ぎたのか、どうやって企画を立てたのかも記憶にないほど、頭の中が空っぽ状態となり、今に至っております。

経営者時代は、高級うな重だったのが、今では、すき家の期限限定うな重が唯一のご馳走。

人生を振り返ると、サラリーマンでは体験できない、優越の世界と地獄の世界を同時に味わえたことは貴重な体験でもあり、超小者なりにしては波乱万丈の生き様であったと自分を納得させています。

タイトルとURLをコピーしました