身も心も若返る「大人の遊び・探検」

遊び・探検・旅行

海ヒト人:人間、遊ぶと身も心も若返るもの

身も心も若返る「大人の遊び・探検」
スローな生き方、ハーフビレッジ(便利な半田舎)で暮らしながら「大人の遊び・探検」を実践中。違う角度から物事を見据えると、そこには今迄と違う世界が広がっているのです。 そこに遊び心を加えて行動してみると、今迄見えなかったものが目の前に映し出され、知らなかった世界に出会えるのです。

 

今回は、私たちが実践しているスローな生きかたの一つ「大人の遊び・探検」についてお話させて頂きます。

 

人は、年齢を重ねると行動力も減退するので何をやっても満たされない気分となる、それは、しあわせ感が心の奥底に埋もれた状態になっているからです。

 

私たち夫婦は、それを掘り起こす為に何事にもポジティブな角度から物事を見据え、そこに、遊び心を加えることでワクワク感を高揚させているのです。

 

まあ、「大人の遊び・探検」だなんていうと、いい歳してナニをやっているの?と言われてしまいそうです。

 

 

実はこれ、遊びだけのことではなく、メンタルヘルスにも影響する話なのです。

 

人は、山登りやハイキングなどで初めての場所を歩くと、進行方向への期待と不安が交差するので脳が活性化し機能回路も向上して行き新たなスキルが身につくのです。

 

また人は、知らない場所や空間に遭遇すると好奇心が刺激され、アドレナリンが分泌されることでワクワク感も生むので、新しい何かを求めようとする心も芽生えてくるのです。

なので、こうした行動は、次への探求心にも繋がって行くというわけです。

 

「大人の遊び・探検」は、遊び心とナゾナゾを交えて、チョット気になる場所を散策することで、未知の発見へとつながって行くのです。

 

ということで、ハテナ⁈と思うモノをみつけたら、敢えて情報は収集せず、行き渡りばったりで目標を目指し、知らない街並みや山並みの風情を楽しんだり、景色を堪能したり、初めての余韻を味わったりしながら、最後は目標地点に辿り着き、達成感を得るというチョイ旅でもあるわけです。

 

勿論、難易度の高い場所や危険な場所は避け、簡単な場所をオーバーに歩き回り見聞を広めるというスタンスなのです。

 

 

何事にも、視点を変えて行動することで、見えなかったものが見えてきたりするもの、違う角度から物事を見据えると新たな発見が生まれ、知らなかった世界が見えてくるのです。

 

仮に目標として目指したモノや場所が、大したものでなくともいいのです。

 

行って見たら、なんじゃこれは!なんて拍子抜けすることはよくあること、それはそれで、そのギャップを笑えるくらいの余裕を持ちたいものです。

 

要は、そこに辿り着けたという達成感や途中、途中で体験したプロセスの数々こそが貴重なのです。

 

とにかく歩き回るので足腰が鍛えられ、遊びとはいえ健康そのものです。
そしてなにより、お金も掛からない。

 

私たち夫婦は、伊東と言う、ハーフビレッジで暮らすので、「大人の遊び・探検」のネタは尽きないのです。

 

けど、これって都会でも出来ること、都会には好奇心を注ぐ様々なモノが埋もれているのです。

発想を変えて挑戦してみてはいかがでしょうか。

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました