年金生活者の定宿「伊東園ホテル」

遊び・探検・旅行

海ヒト人:今回は、下田の伊東園ホテル「はな岬」にチョイ釣りも含めての気分転換の宿泊です

年金生活者の定宿「伊東園ホテル」
現在、私どもはハーフビレッジの伊東に拠点を構えていますが、実はそのきっかけを作ってくれたのが「伊東園ホテル」だったのです。伊東にある3つの伊東園系列のホテルを拠点として釣り三昧の日々を送る中で、伊東の良さを知ることができたわけです。今回は食べ放+飲み放のリーズナブルな設定を実現した「伊東園」をチョットヨイショしてみます。

 

当初は、同じ伊東園の下田海浜ホテルに予約を入れていたのですが、コロナ蔓延で9月から休業となってしまい「はな岬」に変更となってしまったのです。

下田の「はな岬」に泊まるのは今回が5回目、伊豆地域の伊東園ホテルは何度も行きつくしているので勝手知ったるという感じなのです。

8:55伊東発:黒船号で出発!

 

伊豆大好き人間の私は、下田も憧れの街、20年前の羽振りがいい時期は聚楽ホテルや黒船ホテルを定宿にしていましたが、今はリーズナブルな伊東園が一番肌にあっています。

 

「はな岬」は、下田駅から徒歩6分程度、チェックインの3時まで充分に遊べるので、荷物をフロントに預けて、さっそく目の前の岸壁でチョイ投げ開始。

 

 

いきなり25センチの大キスがヒット、その後、強風が吹き荒れてしまい場所を移動するも、この日はキスが3匹どまり、マゴチの40センチオーバーも釣れたのですが、2泊なのでキャッチリリース。


3時半にホテルにチェックイン、温泉にしっかりと浸かって空腹感満載。


さあ、今日も食べるぞ!!
何と言っても、伊東園の魅力は、ビッフェ形式の食べ放題とアルコール類の飲み放題がプラスされていることです。

旅行に行ったら夕食の際は生ビール1,2本と日本酒1合くらいは飲みたいもの、これを別料金で飲むとなると、結構高くつくわけで、その差はバカにならないのです。


そして、伊東園はどこも温泉がいい、そもそも伊東園の施設は、廃業したそれなりのホテルを居抜き状態で買い取った施設なので温泉施設が充実しているのです。

この料金でこのコスパ、こんな極楽はない、もうこれで充分という感じです。

 

食べ放題は発散の場

「温泉に浸かって思いっきり食べる」これは幸せに浸る癒しの一つ。

夕食時

 

朝食時

 

食の満足は幸せホルモンが分泌されるので脳が解消されストレスの発散にも繋がり、テンションも上がるのです。


普段の私は食が細くて、ご飯一善ですぐにお腹いっぱいになってしまうくらいなのですが、そんな私でも食べ放題に行くと人の食欲の勢いにつられて食欲が沸くのです。


食べ放題は落ち着かないという人もいるが、コースで順番に出てくる料理こそ面倒だし、次の料理が出てくる前に食べなければならないなど、かえってせわしなくて嫌だ。


食べ放題のビッフェは料理が出来上がる待ち時間もないし、気兼ねなく自分勝手に出来るところがいい、伊東園の場合などは、贅沢感があるものはないが、そこそこ数もあるので大満足なのです。

 

この値段じゃ、特に美味しいものがあるわけでもないけど、普通にお店で出てくる美味しい食べ物という感じ、種類も豊富だし、とてもバランスが取れているわね。

普段の私は粗食なので、この日ばかりは満腹感を味わうという、あくまでセルフコントロールして挑むという感じです。

 

街中での食べ放題はNG

通常の飲食店での食べ放題の場合は、明らかに料理の質を落としていたり、食べ物が限定的であったり、酒の質を落としていたりと極端にクオリティーが低いものを使用していることがミエミエです。

それは、寿司でも焼肉でも中華でも同じです。

せこさだけが感じられて不快になるだけなので、あんなものに騙される客も少なくなっています。

 

何と言っても、ホテルの場合は満腹になったら部屋でごろ寝できるし、カラオケも出来て卓球も出来る。風呂にも何度も入れる。

料理にしてもそれなりのノウハウもあるので、冷凍ものだろうが不快を感じない。


今でも月に3回のペースでホテルの食べ放題を体験、今はストレスは殆どありませんが、食べ放題に行くと当時の高揚感が甦ってくるのです。


私の場合、胃が小さいのでお米を食べちゃうと一発でアウト、お米は大好きなのですがお米は封印、仕上げも麺類、腹を膨らませようとする魂胆ミエミエのシュウマイやハンバーグは1個程度にするなど、そこそこの戦略は整えているのです。

今は、トレイの盛りは1回転半程度、お酒は生ビール3杯に日本酒2合までと決めています。

これで超満腹で酔いも最高潮という感じです。


ハーフビレッジの伊東に移住したのも、伊東園本館、別館、松川館を根城に釣りを楽しんでいたことが切っ掛けなのです。

ということで、年金生活者のお助けマン「伊東園ホテル」の話題でした。

明日は、下田の街並みの様子と釣りの釣果を紹介いたします。

 

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました