タブーに迫る、「ファッシズム」を正しく知る

海外紛争

令和のサムライ通信:「ファッシズム」を正しく知るの巻

今回は、ヨーロッパの極右勢力などに対して、よく用いられる「ファシズム」について、一体どのような存在なのか、そして「ファシスト党」と「ナチ党」の違いを簡単、判りやすく説明してみます。
今では、ファシズムと言うと極右を指したりしますが、ヒットラーやムッソリーニの時代での解釈では右とも左とも取れないものだったのです。

 

ファシズムと言うと、第二次世界大戦中のイタリア、ドイツの極右の政治思想を思い浮かべる人が多いのですが、入り口だけが一緒なだけで、中身はそれぞれ違うのです。

先ず、ファシズムの起源はイタリアから生まれたもので、ドイツの場合は、それをお手本にしたナチズムということです。

その後は、ナチスの成功を見て、今度はイタリアのファシスト党がナチスを真似たので、混同されるようになったのです。

と言うことで、ファシズムは、ムッソリーニ率いるファシスト党、ナチズムはヒットラー率いるナチ党と解釈すればいいと思います。

ファシストの目的はなんだったのでしょうか。

実は、当時のファシストは新しい定義なので、思想体系がまだまだ確立されていない段階だったのだよ、強い国家を奨励しているが、あくまで労働者の立場にたって団結を呼びかけた全体主義体制のことで、若者が中心の党で、斬新な政治思想と思われていたのです。

 

えーっ、ほんとに?なんかイメージが全然違います。

当時、主流であった資本主義に対して、資本主義は格差を生むだけの退廃したものと糾弾し、同時に共産主義への脅威にも徹底的に対抗したのだよ、こうした社会構造の変革を求めた新しい政治団体だということで、国民の多くはこれに魅力を感じて傾倒して行ったのです。

 

そうだったのか、イタリアとドイツの国民は結局、ファシズムの人達に洗脳されたわけですね。

当時はファシズムが悪だとは誰も思っていないし、ファシズムがこれほど偏った思想に転換して行くとは誰も考えもしなかったんだ。
また、ドイツ国民も、初期の段階では、ナチ党がどちらかというと左系の社会主義を名乗っていたことで、ユダヤ排斥などの人種差別が起きるとも考えなかったのです。

 

ファシストは、侵略などを肯定する軍国主義と聞いたことがありますが、どうなのでしょうか。

まあ、この時代は、国家が喰うか食われるかの時代であったので、世界全体が軍国化していた時期なのだよ、だからファシストだけが軍国主義とも言えない、但し、ファシスト達は、油断したら国は滅ぼされてしまうと、国民に強い戦闘精神を植え付けたことは確かだ。
こうした世界状況を国民に知らしめ、国家が生きる為には、やられる前に相手を叩けと他国を侵略して行ったのです。

 

ファシストは、何故、ユダヤ人などを差別したのですか。

よくファシスト、イコールユダヤ排斥と思われているが、それは違うのです。ユダヤ人の排斥を行ったのは、あくまでヒットラー率いるナチズムで、イタリアのファシストは人種差別を否定しているのです。ナチズムが純粋のアーリア人主導の国家形成に拘ったのに対して、ムッソリーニは、ユダヤ人であろうと、同じイタリアに住む者であったら、団結して国を束ねていくというのがファシスト党の方針だったのです。
しかし、ドイツの様子を見て、途中からイタリアもユダヤ排斥になって行ったのは事実のことです。

 

イタリアと違ってドイツの熱狂ぶりは凄かったのはどうしてですか、ヒットラーとムッソリーニでは国民の人気がまったく違うように感じます。

それは単に第一次世界大戦での勝者と敗者の違いです。敗者のドイツでは、強い指導者が熱望されていたことで、ヒットラーの提言は国民にマッチするのです。
ヒットラーは、アウトバーン構想を成功させ、ベルサイユ条約の足かせを取り払って軍需産業を復活させたことで、失業者を瞬く間に減らしたのです。こうしてヒットラーはカリスマとして君臨しました。
一方のムッソリーニは、強い国家を標榜しながらも、軍事改革や経済改革にも失敗したことで、ヒットラーと違い、殆どの公約が実現できなかった。そうなると独裁ばかりが表立ってしまって国民の評価が著しく低下して行ったのです。
結局、政治的センスと格の違いは歴然だったということです。

 

ヒットラーとムッソリーニは仲が良かったのですよね。

いや、最初はそうでもなかったのです。ヒットラーはムッソリーニを尊敬し手本としていましたが、ムッソリーニのほうはヒットラーを子ども扱いしていたのです。ところが途中から立場が逆転して、ムッソリーニはナチズムを取り入れるようになっていったのです。

ヒットラーは、敬愛するムッソリーニが逮捕幽閉されたことを聞き、大胆不敵な電撃救出作戦を実行するのです。それが、かの有名な「グラン・サッソ襲撃」です。

ヒットラーは、のちの「オデッサファイル」の黒幕である親衛隊のスコルツェニー少佐に命じて、標高2,000メートルを超える山脈に幽閉されたムッソリーニを無傷で救出することに成功するのです。

スパイ映画さながらの大胆な救出劇に世界中が驚きの声を上げたのです。

ヒットラーはムッソリーニを尊敬していたことが伺えます。

日本は三国同盟に加盟していたことで、日本もファシズムみたいに思われていますが。

まあ、それは戦勝国が勝手に取ってつけたものです。日本は確かに軍国主義ではあったが、島国、単一民族でもあるので、思想的な影響は殆ど受けていないのです。
ただ、ファシズムに共鳴した組織は世界中に広まっていたので、日本にもいくつか党は存在していました。

まとめ
今となっては、ファシズムが極悪の政治と表現されてしまうのは致し方ないことです。

しかし、初期のファシズムの思想定義は、共産主義の脅威であり、貧困と格差を蔓延させる資本主義との対立から生まれた政治思想なのです。

それが戦争の激化によって、極端な人種差別主義や暗黒思想が取り入れられたことでファシズム本来の定義も踏み外す結果となってしまったわけです。

悪の思想と断罪するが、この思想に多くの民衆が共鳴したのです。

歴史に、もしもはない、しかし、今の資本主義や共産思想にしても僅かな差で生き残りができたことも確かな事実なのです。

タイトルとURLをコピーしました