北方領土はもう日本には戻ってこない

領土問題:北方領土・ロシア他

菅首相はロシアのプーチン大統領との電話会談で北方領土問題に終止符を打ちたい考えを伝えたそうです。
日本の立場として北方領土返還は当然の主張であることは間違いない。
しかし、もはや「終止符」などと話を拡大させていくことはとても危険です。

今回は、北方領土問題の実情を簡単判りやすく解説して行きます。

 

北方領土は完全にロシア化が定着してしまったのです。今更何をしようが返還などあり得ないのです。そもそも、これだけのロシア人の入植を許したことが間違いだった。

ロシア政府とは、返還交渉の過程で、ロシア人の入植に対しストップをかける交渉をすべきだったのです。こうして、ロシア化が実現してしまったことで、この事実を日本側の外交政治力で変えることなど完全に不可能になってしまったのです。

友好的であった島民の笑顔はもはや無い
今では、日本に対して、ロシア島民は勿論のこと、ロシア本土国民の反応も、以前より遥かに厳しくなっている。話を持ち出すだけで露骨に態度を硬化させるようになってきてしまい、もう2島返還論というまやかしさえも消えたのです。

それを一番よく知るのは、ビザなし交流の常連達であろう、初めのころは友好的だった島民の反応もどんどん冷ややかになっていき、行く度に、ロシア化が進んでいる現実を見せつけられ、返還どころか、ロシア側の巧妙な仕掛けを眼の前にして、日本政府の無意味な友好演出の虚しさを感じているはずです。

悔しいが、日本国民は、もうさすがに、この交渉は無理だという事は判った筈です。
ロシアの時間を掛けた巧妙な罠、外交戦略にまんまと嵌ってしまったわけです。

これからの残された道は、ロシアとの平和条約の締結であり、あまり意味の無い4島の共同開発以外に無い。
しかしこれは、共同経済活動の名目で資金援助をさせるロシアの狙いに嵌ることになる。

 

日本は、ロシアにいいようにやられているという感じがします。安部前首相も一生懸命手を尽していたのに、とても残念です。

彼らが求めているのは日本の援助だけ、金をむしり取るのみなのです。
それは、インフラ整備や医療技術の援助、農作物の供給、小売業、流通システム、ごみ処理施設などの環境整備など多岐にわたります。
しかし、これは、やればやるほど返還どころかロシアの為にロシア化を完全定着させることを意味しているのです。
要は、適当なエサをまいて、日本政府に金を出させて開発もすべてやらせようというロシアの見え見えの魂胆なのです。

 

ロシア化しちゃったということは相当な数のロシア人が住んでいるわけですね、そうなると、ロシアの生活を持ち込んでいるわけで、その人達に対して出ていけとも言えなくなってしまう。

 

そうなんだよ、日本のマスコミは報じないが、深刻なのが環境問題だ。
国後、択捉にしても、まともなゴミ処理施設も無いので、かなりの汚染、公害が進んでいるのです。彼らにとっては、そもそも、こんな島は本来の領土ではないので、自然を守ろうなどという発想もわかないのです。結局は儲けだけの開発が重視され、環境への配慮など頭にもないので、やりっ放しの状態なわけです。

汚染による公害が進む北方領土
これは、ビザなし交流に参加する元島民からの証言ですが、行くたびにロシア化が進んでいる光景とは裏腹に、汚染、公害が進んでいることを、こうして眼のあたりにするそうです。

また、北方領土への自然破壊もそうだが、ここで獲れて、ここで加工された魚介類の殆どは、日本に高く売りに出されるのです。ゴミ処理の劣悪化からダイオキシンの発生など、衛生基準が満たされているとは言い難い現状があるわけです。

これに待ったをかけるのは日本の援助しかないという虚しい現実。これこそがロシアとの付き合いなのです。

北方領土はロシアの利権の巣窟
ロシアは、北方領土を外交カードの切り札としていることは誰が見ても明白なことです。その貴重なカードを手放すことは絶対に無いのです。

北方領土の価値は海洋資源に尽きるが、現状は、ロシアに金を払って操業許可をもらうという、ロシアにとって重要な権益となっており、北方領土周辺で取れた魚介類も日本に高値で売りつけている状況で、しっかりと漁業権益とビジネスが成り立っている状態なのです。

ロシアにとっては、やりたい放題の良いことづくめみたいな感じだし、これでは簡単に北方領土を手放すわけもないのですよね。

あのしたたかな連中が、これほど旨味のある権益を簡単に手放す訳がないのです。
もうロシアに擦り寄っても返還など100%ないことを理解しておきたい。もはや返す気もさらさらない彼らと対話したところで、都合のいいように振り回され利用されるだけだ。

平和条約が締結されても、島はもう戻らないことは明白なのだから、これらを急いでやることは日本に取って何らメリットも無いということです。迂闊にロシアのいう共同開発に乗ってしまうと、日本の血税によって、ロシア化どころか軍事基地化されるという更なる仕掛けに乗せられることになるわけです。

なので、過剰な援助は慎み、小出しの援助を材料として「せめぎあい」を制する外交努力が求められます。

まとめ
日本は今迄通り「北方領土は我が国固有の領土」の主張は一切変えず、一方で「領土返還に固執しない」柔軟路線に転換して歩み寄りを図っていくしかないのです。
ハッキリ言うとこんな連中と拘わっていても、損するだけで打開策などは無いのです。

安部前首相もロシアとの関係では目利きが利かなかった。冷酷なプーチンなんかと個人的友好など築ける筈がないのです。

とはいっても、厄介だがロシアを完全に敵に回してはダメだ。建前の友好は勿論だが、ロシアとの付き合いは決してマイナスばかりではない、日本に取ってメリット?(う~ん、微妙)もある。それはロシアが豊富な資源埋蔵国家だからです。但し、これもかなりの危険あり、深入りするとトンデモない目に合うことになる……。

北方領土やロシアに対して、言いたいことは山ほどあるので、近々にまた意見を述べさせて頂きますのでご期待ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

10月1日から人気ブログランキングに登録しました。よろしければサイドバーのバナーをプチッと応援お願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました