人を陥れる「ぶら下がり」と「切り取り」はマスコミの特許

マスコミは国民の敵

令和のサムライ通信:「ぶら下がり」と「切り取り」の巻

喋り好きの政治家オヤジが毎度ズルマスコミに誘導されて墓穴を掘る「掛け合い漫才」と言えば「ぶら下がり会見」です。
この「ぶらさがり」に「切り取り」が加わり、どんどん悪質さを増してきたことで、さすがの喋り好きオヤジ達も警戒感をあらわにしだしてしまった。

政治家への「ぶら下がり会見」で繰り広げられる悪意の「切り取り」、今回は、マスコミの「ぶら下がり会見」などによって作られる、悪意に満ちた意図的な「切り取りと印象操作の実態」について簡単判りやすく解説して行きます。

最近では、発言内容の一部を切り取り、意図的に相手を陥れようとする操作がまかり通っています。もはや日本のマスコミはパパラッチそのもの。

まあ、それにしても、今回の森ジイサンの場合は、癖とはいえ、チョット脇甘すぎて救いきれません。

しかし、マスコミの偏向報道や切り取りは昔からあったこと、我々はそれに気づくことも出来なかったし、それを信じるしかなかった、おかしいと感じても真意を確かめる術もなかったわけです。

ところが、ネットの登場によって国民は騙され続けていたことをようやく知るのです。

ぶら下がり会見って、よくテレビで映される、政治家を記者の方が取り囲んでインタビューしたりするあれですよね。

そう、ぶら下がり会見とは、正式な記者会見とは違い、政治家を記者達が取り囲んで質問を浴びせる非公式な会見のことです。
ここは、記者に取って揚げ足取りの絶好の場なのです。
しかしながら、記者達は最初からそれを意図して待ち構えているのに、決まって自民党のオッサン政治家達は、勢い余って余計なことを喋ってしまい簡単に罠に嵌まってしまうというわけです。

昔は暗黙の掟があったが今は無し
彼らは顔は穏やかでも目が血走っていて、冗談も通用しない連中なのです。

政治家オヤジも彼らが、嫌味、ひねくれの塊のような連中なのを判っているつもりでも、ついつい受けを狙ってしまう間抜けなところがある。

ぶら下がりの場合、正式な会見ではないので、気を緩めてしまうところがあり、それが彼らの狙い目と言うことです。

正式会見での質疑応答では、質問も限られてしまうので、今や記者にとってはぶら下がりこそは、自由に本音を聞き出すチャンスの場なのです。

こうして脱線期待の質問で引っ掛けられるのです。

なんでわかっているのに、余計なことをしゃべってしまうのでしょうか。

自民の政治家達は、口軽が多いんだよね、喋りたくてうずうずしているところもあった。
最初の頃は、ぶら下がりをリップサービス的に捉えていたので、防衛本能が働かなかったのです。
記事やニュースになって、何だこれは、やられた!ってな感じなんだよね。
今の日本のマスコミジャーナリスト達は政治家落としのネタ取りに躍起、確かにまるでパパラッチと化しているということです。

桜田元大臣の「がっかり」発言。競泳女子の池江璃花子選手の白血病公表への質問で出てきた言葉です。

確かにこの言葉は悪い、しかし最初に「早く治ってほしい」と気遣いをしているのに、後の「がっかり」だけを切り取って世間に晒したことで、大バッシングを生む結果となる。

このように、わざと誤解を生む悪質な切り取りが後を絶たないのです。

キリトリされて別な話にすることも出来てしまうので迂闊なことはなにも言えないですよね。

そうなんだよな、えっ、何でこんな話にされているのみたいな感じが多くなっている。
例えば、被災地での視察で、記者に対しての質問をシャットアウトしたら「○○議員被災地で激怒」にされてしまうのです。これは悪意ある偏向報道でしかない。

しかしながら、マスコミのこの切り取りや揚げ足取りも卑劣で卑怯だが、更に、ニュース番組で都合の良いように編集操作を行うことが当たり前のように行われています、これでは報道に値しないと言われてもしょうがないでしょう。

毎度言うが特に酷いのがトランプ報道
ニュースでいきなり、「トランプ大統領、デモの鎮圧に軍隊を派遣」とテロップを入れてまでの意図的な情報操作を行い、それから女性キャスターが呆れ返るような表情をしながら原稿を読み上げるという念の入れよう。

実際は、国民の生命と生活を守る為に発言したもので、暴徒化して暴力や略奪を繰り返す一部の犯罪集団に対して発した言葉であって、それもあくまで検討段階の話なのです。

これでは、トランプ前大統領がいきなり血迷って、人権無視を行っていると思われても不思議ではないし、明らかなやり過ぎの報道です。

敵対4国には怖くて何も言えないヘボマスコミ
とにかく、日本でもトランプ前大統領ほど切り取りのターゲットにされている人物はいません。外国の国家元首に対して、このような非礼な行為を行うことは不快でしかありません。

だったら何故、韓国の文さんや中国の習さんロシアのプーさんには触れないのでしょうか、

トランプさんの場合は、お仲間のメディアと米民主党のお墨付けを頂いていることで、本来の腐った性根を剥き出しにしてのやりたい放題。

日本のマスコミは、歪曲、情報操作が得意技であることは充分に理解させて頂きました。

報道番組はただのショー
報道番組が著しく劣化していると言われていますが、それは定番となった偏向・印象操作への監視がきつくなったからかも知れません。ニュースはショーであってはならないということを表しているのです。

日本国民を愚弄するテレビ
新聞の場合は、自由な主義主張を標榜するものなので、偏るのは当然で、偏り自体も他紙との比較検討の目安となるということで理解できますが、テレビが偏るのには違和感を覚えるのです。

もし偏るなら、はぐらかさないで、我々の主義はこうだと、そのスタンスを明確化してほしいものです。

マスコミは、報道に対して社会的責任を果たしていないから無責任な報道が多いのです。

日本のテレビニュースは、ワイドショー化している。いや、テレビのニュースは、一言二言の印象操作が定番化して、一方的に流すだけなので、まだワイドショーの方がましかもしれない。

新聞は読まないことが浸透してきたが、テレビはクズ過ぎるワイドショーはついつい見てしまう、そうなると、更にクズ化しているニュースまでも迂闊に見てしまうことになる。

まとめ
言葉狩りや切り取りが慣習化したことで、今後はぶら下がり取材は減少して行くことでしょう。

マスコミは、ここでも自らの卑しい行動が自分達の首を絞めていることに気づくのです。

若者に至っては、もう情報をマスコミに頼ることは無くなってしまった。マスコミは自分達が作り上げた偏向情報を一方的に垂れ流すだけなので、信用にも値しないものと、完全に愛想をつかしているのです。

マスコミは自分達の都合の悪い話は黙殺してきたことで、国民の知る権利がことごとく侵害されてきた。

それはマスゴミと揶揄される今日に至っても、その癖は治らない。

散々インテリ、エリート風を吹かせて、世の中を自在に操ってきたマスコミ各社。

マスコミに対するフラストレーションはどんどん増すばかりなので反発が大きいのは当たり前のことなのです。

もはやマスコミとは、国民にとって一番の敵かも知れない。

タイトルとURLをコピーしました