マスコミと聞くと昔はオーッ、今はオェー

マスコミは国民の敵

令和のサムライ通信:マスコミと聞くとオェーの巻

とうとうマスゴミは、吐き気を伴う、お恥ずかしい身分に成り果ててしまったようです。
マスゴミのペテンが次々と世間にバレだしたことで、信用はがた落ちとなり、今や、その劣化ぶりは目を覆いたくなるほどです。

新聞には文字数の制限があるなどと都合のいい勝手な言い訳はもはや通用しない。

意図的に真実を捻じ曲げ、歪んだ思考を読者に植え付け欺いてきた新聞テレビマスコミは恥さらしの典型です。

今も収まらない、情報操作などのペテンの数々、特に敵とみなした政治家に対する言葉切りは悪質です。

前後の発言を聴けば納得できることを、前後を敢えて省略することで、発言が真逆のものにすり替わる。

こうした悪質な編集は、新聞、テレビの独壇場となり、公然と事実と異なる歪曲報道が行われてきたのです。

気に入らない政治家は、こうして社会的に抹殺してきたので、自分達の力は国を動かす程強いと勘違いしてきた。

マスメディアの連中には、規範意識の低さが蔓延しているのです。
こうした特権根性を一度洗い直さねばならないのです。

新聞社やテレビ局の方は、マスゴミと言われています。何だか残念ですけど、言われてもしょうがないのかな、なんて思っちゃいます。

マスコミがマスゴミと批判を浴びるのは、一にも二にも朝日新聞の数々の捏造から始まったものだ。しかも、その朝日が何事もなく生き続けている不思議。
マスゴミ連中が尊敬し一目置く朝日が存在する限り、どの新聞、テレビもマスゴミであり続け、国民に最も嫌われた侮辱の対象となるのです。
ハッキリ言って、新聞もテレビももうあっても無くてもどうでもいいということ。

 

最初マスコミ報道は、記者クラブで成り立っていると聞いていたのですが、前にここで教えられれて、記者クラブこそが弊害だったことを知りました。

何が記者クラブだよなぁ、官僚と癒着して情報を貰い、独自取材も出来ない体たらく、これでは、官僚の言いなりになるのも当然のこと、官僚に操られた報道、こんなものメディアとは言えない、特権?に胡坐をかくのももういい加減にしてほしいものだ。

 

マスコミ各社は、ネットにとても熱心ですよね。

マスゴミは、散々ネットを蔑みメディアに値しない紛い物として、馬鹿にし尽くしてきた。
ところが瞬く間に自滅に貧したマスゴミは、遅れてはならずと、今やどのマスゴミもネットに深く参入して都合よく自説を捲し立てている有様。どのツラ下げての所業か、実に節操も無い連中なのです。

プライドの高さだけは日本一
とにかくマスコミ様は、プライドと特権意識が高いお方達なので、下々の連中とは一緒にされたくない、貴様らなどには言われたくないという意識が物凄いのです。

敵対する新聞社が叩かれているのを見ると半分ザマーミロと思う反面、後の半分は、何で貴様らごときに我々の崇高な仕事にケチをつけられるのだと悔しさ一杯になるのです。

だから、何度も言うように、失敗わがまま戦場ジャーリスト氏に対しても、テレ朝の玉助くんの伝説の名セリフ、「英雄として迎えろ」になるというわけです。

視聴率重視で報道をエンターテインメント化した罪
司会者がしゃしゃり出過ぎて番組自体を台無しにしている光景をよく見ます。

報道番組に個性を持たせようとすること自体がまやかしである。報道は普通に真実を流せばいいこと、報道にメリハリを持たせる必要もない。

日々の変化を伝えられるほどの力量も資質も取材力も無い組織が報道番組を定着化させることへの無意味、報道とは無縁のバラエティー化が常態化して行き番組の質がことごとく劣化してきた。

視聴者は、テレビが思うほどバカではない、新聞やテレビが本当のことを言うわけがないことを知っているので、マスコミから真実を学ぼうなどとはサラサラ思ってはいない。

しかし、上から目線のテレビ屋は、国民を馬鹿にしているので、平気で歪曲報道を繰り返し国民を誑かすのです。

それにしても、ワイドショーを見ても、テレビって何で韓国、中国よりなのですか。

それはなりすましが番組を作っているからです。
ワイドショーは、気持ち悪いほどの韓国ベッタリの反日コメンテーターを起用し、対抗するコメンテーターは配置させない。
他のコメンテーターは、それに同意かあいづちを打つだけのタレントを配置させるという、一体何が目的なのと言うほどの著しく偏向した番組を作り上げる。散々日本の悪口と政権批判を繰り返して、お隣さん国家には切り込まないのが定番だ。


韓国の話など誰も聞きたくもない
普通のニュースやワイドショーでも、韓国の話なんて、見たくも聴きたくもないのに、どの局も取り上げるのは何故?そんなに韓国に気を使ってどうしたいの?我々が知りたいのは、世界のコロナの動向や台湾がどうやってコロナを克服しているかだ。

テレビは視聴者を完全無視
結局テレビは視聴者をバカにして弄んでいるわけです。だから自分達の都合の良いように平気で歪曲した報道をするのです。

外国の報道を都合よく勝手に訳して報道するのも定番、外国メディアから借りてきた記事は、いくらでも切り取って自由に報道できるからです。

それも敢えてトランプ批判を行うメディアを選択して報道する。

官僚とマスコミとの癒着は昔から
黒川の件で判ったでしょうが、こんなもの朝日や産経だけじゃないし、検察だけの話だけでもないのです。どの省庁の官僚も同じで、マスコミとの癒着の構造が存在しているのです。日本のマスコミは完璧に腐敗しているということです。

よく、東京や神奈川のローカル紙が正義感を発揮した取材を敢行しているなどと持ち上げていますが、その正義感とやらは、日本国民が喜ぶべきものでは無いのです。

要するにこいつらは、みんなピントがずれているのです。

まとめ
悪の特権「日刊新聞紙法と放送法」
何度でも言うが、新聞社とテレビ局の汚い特権構造を即刻廃止するべきです。
これがある限り、この腐った連中は何があろうと生き残れるからです。

こんな汚い特権は、世界を見ても例がないのです、国民はもう騙されてはいけない。

若者よ、政治に目覚めて、この悪法を取り払おう。

タイトルとURLをコピーしました