テレビを監視するBPOとは、テレビ屋が自分達の都合で作ったBPOにせまる

マスコミは国民の敵

令和のサムライ通信:テレビ屋が作ったBPOの巻

テレビのヤラセ体質が止まらない、しかし、そんな腐敗したテレビ業界を諫めることが出来る組織は存在しないのです。
情けないことに、この業界に唯一あるのは、身内が作り上げて勝手に権威付けしているBPOという御座なりの組織だけなのです。

今回はテレビの情報操作の実態とそれを監視するBPOに関して、その組織の実態を簡単判りやすく解説して行きます。

テレビのヤラセはバラエティーだけに止まらない、公共性が高く社会的影響力も大きい筈のニュースや報道番組でも意図的に情報の操作が行われ、国民を欺いてきたことが知れ渡ってしまったのです。

 

 


BPO
とはナニ
放送倫理・番組向上機構(BPO)は、NHKと民放によって2003年に設立されたもので、

「虚偽の内容により視聴者に著しい誤解を与えた番組が放送された際には当該番組について審理を行い、「勧告」や「見解」を公表、当該放送局に再発防止策の提出とその報告を求められる権限を有する」というもっともらしい偽善を並べる団体です。

BPOは、NHKと民放連の出資で成り立つ任意団体です。要するにテレビ局同士が作った身内の団体ということ、だから、テレビ屋はやたらにBPOの存在を正当化する報道を行うのです。

BPOは、虚偽と疑われた番組の審査を行い警告を発し、業界はそれに従うというだけで、なんの罰則の規定も権限も無い組織です。

放送倫理・番組向上機構(BPO)って、名前じたいが権威ありそうで、国の機関だと思っていましたけどそうじゃなかったのですね。

日本人はとかく、機構だの社団、財団、NPOなどと重々しい名前の権威モノに弱いところがあるので、相当な組織なのかと勘違いするきらいがあるが、こんなもん、何の権威もへったくれもないのです。
BPOは見せかけだけ、問題テーマを取り上げて警告を発し、ちゃんと規定を守ってやってくださいねというだけ、ポーズを示す場でヤラセのテレビ局がBPOという自分達に都合のいいヤラセ団体を作りあげただけということ、とにかく委員達も、何だこいつらはという偏った人物ばかりを集めた組織だ。

 

エーッ、そうなのですか、でもBPOがあることで身が引き締まることもあるのでしょうね。

まあな、こいつらはやりたい放題だったからね、少しだけでも反省のポーズを示してみようということでBPOを立ち上げたということだ。
結局テレビ屋は、ニュースでもBPOがいかに権威があるかのような報道をおこなってBPOの権威付けをPRしているんだよね。
そもそもテレビ番組は、すべてがシナリオありきで出来ているので、彼らがカッコつけてこんな団体を作っても意味はないのです。

BPOには法的な権限は一切ない
一般視聴者がテレビに対する申し立てができる組織であれば非常に心強いことですが、残念ながらこの団体には日頃からテレビに対して意見を行うほどの強い権限は持ち合わせていないし、専従職員もいないのです。

彼らは、BPOはテレビ放送の法を厳守する最高機関であると謳っているが、勝手なまやかし組織を作って誤魔化そうという魂胆がミエミエです。

BPO自体も、「我々は番組を監視して罰するところではない、視聴者とテレビの仲介役である」と途中から立場を明確にしています。

そうなんだ、もっと権限のある立派な団体と思っていました、なんかガッカリです。

だから、こんな中途半端な組織は我々国民にとっては、あっても無くても同じで、まるでお呼びじゃないのです。
結局、BPOがカッコつけで堅苦しいことばかり押し付けることで、かえって番組自体がつまらなくなったと思う人はいるが、BPOが視聴者とテレビ局の間を取り持っているなどと感じる人などいるわけがないのです。

テレビ局のクレーム対応は最低
そもそもテレビは一方通行の世界なので、視聴者の苦情に対処する機関もないのです。各局には苦情係みたいな受け皿はあるが、その酷さは最悪と言っていい、苦情を申し立てるとアルバイトではと思しき人間が出てきて、担当に伝えておきますで終わらせる始末です。
真摯な対応などまるで皆無なのです。彼らには、甘えの体質が蔓延化しているので、視聴者の意見を聞こうとする姿勢もないのです。

番組のありかたに対しての意見や苦情って結構ありますよね。

苦情や意義を申し立てても、テレビ屋は視聴者を舐めているので、はぐらかして聞く耳など持つわけがない。
NHKも民放もヤラセのオンパレード、特にNHKの偽善者ぶりは群を抜いている。
ついでだから言っとくけど、有名人の祖先を取り挙げたファミリーヒストリーなんていうのも、出演者を恥ずかしいくらいにヨイショする演出、捏造ありきの滅茶苦茶な作りものだ。
有名人とはいえ、祖先を辿って家柄や功績をひけらかす番組はいい加減うんざりだし不愉快にも感じる。こんなもの公共放送で流す意味なしだ。

ニュースや報道番組は、切り取りなどの情報操作が当然のごとく繰り広げられていて、もはや偏向報道は当たり前という腐敗したものとなっている。これは紛れもないヤラセです。

意図的に自分達の都合のいい話にすり替え、公平であるはずのメディアの原則を踏み外す報道がまかり通っている。

ハッキリ言ってバラエティー番組などどうでもいい、審理するのはこちらの方だ。

ニュースやワイドショーが情報操作しているとしたら、他の番組はほとんどヤラセになっちゃうということですか。

例えば、ノンフィクションとは違うが、「こんなところに日本人」とか斬新な発想で一時期人気があった、「ポツンと一軒家」などは、超ヤラセの仕込み番組だが内容からして許せる範囲ではある。ただ人里離れた山奥に住む人が全員、情が厚くて善人、良い人?なんてあり得るか、普段は住んでいないといいつつ、余りに整った環境に驚くばかり。ネタ切れすればヤラセの頻度はどんどん大きくなる。それでも、お笑いのくだらないバラエティーを見るよりかは数段いいことは確かだけどね。

 

テレビは視聴者のことを考えて番組作りをしているのでしょうか。よく答えを出す素振りを見せてCMに繋いで、さらにもう一度同じ内容を流して、やっと答えを出すというやり方、これって結構苦情がある筈なのに、さらに多くなっている気もします。

これは本当に見ていて腹立つよね、とにかく、テレビ局は視聴者を舐めすぎているどころか完全バカ扱いだ。
ただでさえ、芸もしないお笑い系やおバカタレントを集めて内容ゼロのバラエティー番組を永遠と作り上げながら、散々叩かれているのにふざけたじらしを未だに行っている。
だいたいこいつらは、視聴者が不快になることを改善どころか余計意地なってやるところがあるから困るのだ。こいつらがこういう態度なのは、何をやってもお咎めなしという甘い体質がこれらを助長させているとしか言いようがない。

ヤラセが無かったらテレビ番組は成り立たたない
テレビは時間枠が限られているので、ヤラセがないと維持できないのも確かです。

勿論、バラエティー番組はすべて台本通りに進められていますし、それはワイドショーも同じです。コメンテーターの発言枠も予め決められています。まあ、生だと番組の進行には余計に神経を使うのでそれは当然のことでしょう。

番組を作ることは本当に大変なことと思うのですが、なんかみんなお笑い系を使った同じ感じになっていますよね。

テレビ屋は今でも、世の中の流れを変えていくのは我々の役目とお考えでしょうが、高給取りのテレビのお方は、ふんぞり返って指示を出すだけで、番組自体は下請けの制作会社を値切り倒してこき使って仕上げたもの、その上、バカをやらかしているのは我々ではなくこいつらの仕業ですとも言いたいのでしょう。

 

ニュースや報道番組とか生番組のワイドショーこそチェックが必要ですよね。とにかく偏ったコメンテーターを登場させて、その人の意見がそのまま通ってしまっているように感じて不快になるときがあります。

まったくその通り、特にワイドショーなどでは、情報操作と偏向報道がやりたい放題だ。
特に日韓問題の時なんかは、普通の電波に登場させてはいけないようなあまりに屈折した酷い人物を登場させ、持論を一方的にしゃべらせて、他の分野外のコメンテーター達に同意させて場を作ろうという露骨な誘導を毎度繰り返していた。これでは公平な報道などあり得ない。

まとめ
テレビは自分達の都合の良い部分だけを切り取りして報道し、都合の悪いことは伝えない。
自分達の言うことこそが、世の中の本筋であり正義なのだと我が物顔で話を作りあげてきた。
しかし、ネットの登場で、彼らの恥ずかしいほどの仕事ぶりがバレバレとなったのでした。

テレビ屋が自ら立ちあげた組織など信ずるに値しないのは誰から見ても明白なことです。

BPOとやらは、「放送法」という特権にメスを入れさせない為の小賢しい防波堤にも感じます。

タイトルとURLをコピーしました