革命のシンボルと称されるゲバラの真実

歴史人物 本物と虚像

令和のサムライ通信:革命の英雄ゲバラの真相に迫るの巻

歴史の検証「チェ・ゲバラ」

ゲバラは、波乱万丈の短い人生を革命と共に駆け抜けた絵になる人物であることは確かです。
しかし、果たして彼は革命のお手本になるほどの功績を上げた人物なのかというと、疑問の眼を向けざるを得ないこととなるようです。

 

ゲバラの実像に迫る
ゲバラは、本当にカリスマ的な革命家なのか、しかし、ゲバラの革命が成功に至ったのはキューバ革命だけなのです。

勿論キューバ革命でのゲバラの存在は大きかった、しかし、すべてはカストロと共に成し遂げたものです。

カストロとゲバラがこれだけ脚光を浴びるのは、キューバが米ソ冷戦の舞台となったからで、ソ連の後ろ盾とソ連への脅威があったからです。

そして何より、キューバを発信源として米ソ対決という一触即発の状態に見回れ、世界中が固唾をのんでキューバを注視したからです。

もし、キューバが米ソ冷戦の最前線でなかったら、他の中南米諸国と同じ扱いでゲバラはカストロの腹心として埋もれていたかも知れません。

ゲバラは共産主義のプロパガンダに利用された
ゲバラは、キューバ革命だけを成功させたに過ぎない。ゲバラが主導した他の革命はすべて挫折と失敗に終わっているのです。
それなのに何故、ゲバラだけが革命の手本であり英雄として祀り上げられるのか。

それはゲバラの人間的な魅力にあることは確かです。
キューバ政府の高官という安定した地位を投げ打って、新たな革命を成し遂げるために再びジャングルに舞い戻っていった不屈の精神。そして若くして革命の為に命を捧げたゲバラの生涯は、共産主義のプロパガンダに打ってつけだからです。

そして、国家という枠を超えての活動や医師という異色の存在、更には端正な顔立ちと知的差などが、カリスマ革命家として若い世代を魅了していったのです。

母国アルゼンチンではゲバラの評価は二分される
実は、ゲバラは故郷のアルゼンチンではそれほど英雄視されていないのです。
それは、ゲバラの功績は母国のモノでは無いのと、根強い共産主義への警戒心があるからです。

それを彷彿させる出来事は、ゲバラの生誕を記念して、故郷に銅像を立てる際に、各国で武装闘争を繰り広げた殺人者であるゲバラはアルゼンチンの英雄では無いと、反対運動が巻き起こったくらいなのです。

また、ゲバラが最後の革命の地として散っていったボリビアでも、ゲバラを信奉する人は殆どいないのです。

ゲバラブームで、ゲバラが処刑されたアンデス山脈のイゲラという村が有名になり、ゲバラ信者が数多く訪れていますが、拍子抜けするほどに寂れているのです。

そうした中で、ボリビアでは一時期、ゲバラブームにあやかって、ゲバラを再評価しようという動きがありましたが、実際には浸透せず、地元の対応は冷ややかそのものなのです。

革命成功後の閉塞感
そもそも革命の成功とは、達成してしまった暁には、非常な閉塞感に陥るものなのです。
革命達成から、舞台は政治の実務の世界に突入することとなる。
ジャングル生活の長い30代そこそこの武闘派の若者達にとっては、文官的な素養は乏しく意見の隔たりは大きかった筈です。

そこにどっぷりと漬かってきたのがアメリカと対立するソ連の存在です。
しかし、ソ連の後ろ盾があっても、当時のキューバは、カストロでさえ一時期首相を辞職するくらいに政治的混乱は大きかったのです。

国のかじ取りを任されたカストロと違い、外国人であったゲバラには徐々に居場所がなくなっていったことが想像でき、ソ連一色となったカストロ政権にとっては、もはやゲバラは無用な存在だったのかも知れません。

そこには底知れない対立があったと想像でき、巷で言われる、ゲバラが男気で職を投げ打って、再び革命の理念に目覚めたなどという美化的な作り話とは無縁のものを感じるのです。

革命が成立しても、国民の半数は共産化に対して不安に怯えていた時期です。
自国人であるカストロに対しては英雄視していても、外国人であるゲバラを信奉する人はいなかったのです。

それは、ゲバラが旧バティスタ政権幹部の600人を問答無用に処刑の命令下した責任者だからというのもある。いくら旧バティスタ政権が汚職にまみれた政権であっても、ここまで冷酷、冷徹な仕打ちを実行する人物を英雄と思うキューバ人はいなかったのです。

ただし、これには、処刑のすべてをキューバ人ではないゲバラに押し付けたカストロのしたたかさが垣間見える。ゲバラの独断でこんなことが出来る筈もないからです。

ゲバラのカリスマ、革命のシンボルとしての顔はゲバラの死後に社会主義化を安定するためにカストロやソ連によって作られたもので、それがプロパガンダとして左翼全盛の時代に世界中に広がっていったのです。

キューバ以外のゲバラの革命家としての行動を辿ってみる

ゲバラはコンゴの政情を見誤った

アメリカとソ連の激しい代理戦争が繰り広げられていた「コンゴ動乱」に参加するためにゲバラはコンゴ入りしたのでしょうか、当時のコンゴは世界中から名うてのプロの傭兵がひしめく超激戦混乱状態で、ましては民族間の紛争が主なので、革命の理念や正義など通用しない修羅場なのです。
ゲバラにとっては、理想と現実のギャップがあり過ぎたことは否めないでしょう。


アフリカコンゴの過酷さは、キューバのバチスタ軍と桁違いなのです、近代兵器を持ちながら、軍隊とは名ばかりの連中が繰り広げる残虐非道な民族間の対立を抑えることが出来たのは、海千山千の命知らずの傭兵部隊だけなのです。

ゲバラがここで挫折したのは、ここに自分の役目は無いと悟ったのか、ここに居たら命が危ないと危険を感じたのか、僅か9か月くらいでコンゴを退散しているのです。

当時のコンゴの政情は半端では無い、ここでそれなりの功績を記していたら、ゲバラの革命家としての天性は本物であることが証明出来たことでしょう。
しかしゲバラはコンゴを逃れてヨーロッパのチェコに潜伏するのでした。

そして一端キューバに戻り、ボリビアから中南米各国に革命の狼煙を上げる計画を立てボリビアに潜伏するのです。

そもそも、ゲバラがボリビアを選んだことが間違いだったし完全な的外れです。
ボリビアでは、ゲバラは望まれた存在ではなく、ゲバラはよそ者扱いで、国民からもゲリラとして嫌われていたのです。

ボリビアでは軍事政権であろうが、革命が成立して一端平和となり、農民に土地を与えるなどの恩恵の手が差し伸べられていた矢先に、また混乱を呼び戻す革命を主導されたのでは、国民大衆の支持を受けようもないのです。
ということで、ボリビアでは革命はまったく支持されていなかったというわけです。

また、ボリビア共産党は親ソ派なのでゲバラとの協力を拒んでいるし、ゲバラは完全に孤立した存在なのです。

今回は、冷戦時代のカリスマとして持ち上げられたゲバラの実像に迫ってみました。
ゲバラは確かに魅力的な人です。しかし、革命家としてのゲバラは並の人で、その行動は無謀ともいえます。
ゲバラは英雄であることも間違いないが、遠い昔の話ではないので、伝説化はまだ早いのです。

何か複雑な心境になってきました。結局、スーパーマンは、存在しないのですね。でもゲバラはカッコいいです。


ゲバラの最期もCIAが演出したものと言っていいかも知れません。
3発も銃弾を浴びせられたら、のた打ち回るほどの苦痛を伴うはずで、それこそ拷問でしょう。
そんな状態で最後までカッコいい言葉で締めくくるなど、映画のシーンじゃあるまいしあり得ないことです。

後にゲバラの最期を証言したCIAは、自己の過ちや無謀をかわすために、英雄と祀り上げているソ連やキューバの心証を傷つけないよう配慮を施し、英雄伝を後押したということです。

神話として伝説化されたゲバラの存在は、その後の左翼勢力に多大な影響をもたらせたことは事実です。

今後も英雄ゲバラは映画化の度に脚色化されていくのです。

 

すべてがカッコよく伝えられるゲバラ。
しかしゲバラは最初から最後まで波乱に満ちた「魅力的な革命の放浪者」であって、革命の天才ではないということです。

タイトルとURLをコピーしました