貴乃花はタレントをやめて、早く政治の世界に来てほしい

芸能・スポーツ・お笑い

令和のサムライ通信:貴乃花議員待望論の巻

今回は貴乃花議員待望論と滅茶苦茶つまらない相撲の話について触れてみます。
貴乃花という国民的英雄であった大横綱をいじり倒されの三流タレントにしてはならない、そんなところに彼の土俵は無いのです。

今場所は、貴乃花の元弟子であった貴景勝の優勝ということで、ダメ力士ばかりの中でも唯一抜き出て綱取りに大手を掛けた。
これを見ても貴乃花とは、いかにツキに見放された存在かと言葉も失うくらいです。

まあ、それにしても最近の相撲のつまらなさはなんなのでしょうか、皆、どんぐりの背比べ状態で、逸材と思われる力士はゼロ、大関になったところで、直ぐ陥落で長続きしない。

今の相撲の小粒感は酷過ぎだ、小物同士のトーナメントで誰が優勝するかも皆目判らない、最初はこれもありかと見てきたが、毎回こんなことが続くと優勝の重みも威厳も無くなってくる。

しかも、同じ実力同士なので勝敗が早々と割れてしまったりで緊迫度も無い、過去の例を見ても、ここまで内容が落ちたケースはないのではないか。

白鵬が大横綱であることは誰しもが認めるところですが、稽古も充分でない力の落ちた横綱に周りがいまだに太刀打ちできない不甲斐無さにも呆れます。

横綱もやたら休場ばかり、それも休んで出て来たら優勝するの繰り返し、結局、優勝してしまうので文句も言えない。こんなやり方も違和感だらけで感心できない。それもこれも、他の連中が揃いも揃って低レベルだからです。

今場所も、またしても我がまま横綱の休場、もう堪忍袋の緒がキレそうです。

今回もまた休場なんて、ちょっとひど過ぎではと感じてきちゃいました。

そうだよな、ここに来てはいい加減看過できなくなってきた。いくら何でも、エーッまた休場かよ、てな感じで、ここまでくると完全に国民を舐めているし、はっきり言ってこんな奴らの顔はもう見たくなくなってきたよね。

 

相撲界には、この横綱二人に助言できる人はいないのでしょうか。

まあ、白鵬の親方なんて存在もないオッサンなので助言も減ったぐれもないのは充分に理解できるが、普段は威張り散らしている親方連の中にも釘を刺す奴はいないようなのです。唯一、白鵬に苦言を呈していたのは、追放された貴乃花くらいのものだったというわけだ。

貴乃花の悲劇
思い起こせば、貴乃花の一件は一体何だったのだろうか、アンチ貴乃花からすれば自業自得と一刀両断ですが、実力で勝ち取った名誉ある一代年寄をあんな形で斬り捨て、一方の協会連中は何事も無くふんぞり返っている。途轍もなく理不尽さを感じます。

貴乃花さんは頭のいい方なので相撲協会を改革すると思っていたので、本当にもったいない方ですよね。

社会勉強をしたこともないバカ丸出しのままの親方衆の中にあって、唯一知的な要素を整えていたのが貴乃花だった。国民の多くは彼に相撲協会の改革を期待したものです。
しかし、バカ丸の親方衆からすればインテリ風ふかして自分達をコケにする貴乃花は許しがたい存在だったわけだ。
それにしても貴乃花は見事に、してやられたというしかない、完全に悪党どもの罠に嵌まってしまったということです。

 

それにしても貴乃花さんの凋落ぶりは気の毒過ぎて言葉に尽くせません。まさか奥様とも離婚されるとは考えもしませんでした。

そうだよな、こんな人生最低最悪の出来事の最中に女房まで逃げ出すなんて一体どうなっちゃっているのという感じで、悲劇の断末魔としか言いようがない。
その後も、息子のバカぶりが世間に晒されるはで、これでもかという悲劇の連鎖なのです。

 

貴乃花さんには、このままタレントをやるよりか、やはり政治家になって手腕を発揮してほしいものです。

本当だよね、彼の喋りは理論整然としていて説得力もあるし、風格を見ても政治家としての器量が整っているとも言える。
まあ、多くの人が望むのは、政治家になって貴乃花スポーツ庁長官の誕生で、相撲協会に睨みを利かせてくれれば万々歳だということです。

 

貴乃花さんはどうみても政治に興味のある方ですよね。

勿論、彼は協会内でも常に改革を叫んでいたからね。
もう禊は済んだ、政界進出の条件は整ったということかも知れない。
貴乃花フアンは、このままお笑い連中にいじられる貴乃花など見たくないし、彼の進む道はこれしかないと皆思っているのです。

 

相撲の話に戻りますが、相撲がそこそこの人気が出ているのは、貴乃花の一件や不祥事などでテレビを賑わしたことの反動からです。

今後、ここまでレベルが低い状態が続けば、確実に陰りが出てくることでしょう。

休んじゃ出てきて優勝の横綱は感心できないが、この横綱のお陰でかろうじて緊張感を保っていることも確かなのだ。もしいなかったら、優勝の重みの無さどころか、軽さだけが際立ってしまう。

外国人の門戸を狭めてはならない
相撲界はこれからも外国人に頼る事となるでしょう。それはそれでいいことです。こうして人気が落ちないのも強い外国人力士がいてくれるからです。

そういう意味でも、外国人は部屋に一人なんてバカなことは止めるべきです。
相撲が本格的に国際化できるチャンスだと考え、もっと広く門戸を広げること。

報酬の改革も行うべき
そして、いつも不思議に思うのは、十両以上じゃないと給料が出ないなんていい加減おかしい、幕下になったら立派な相撲取りだ。出番を7日から10日にするとか工夫をすべき、日本に取って相撲は花形なのに、他のスポーツに比べて給料が安すぎる。

実力の世界と言っても横綱の給料からして安すぎです。

そして思うのは、親方ばかりがふんぞり返って威張り散らしていて、現役相撲力士の地位が低すぎる感じがする。

親方株取得の不透明さ
そもそも、昔から問題になっているのが、親方株の存在だ。実力の世界の筈なのに、横綱になれても、親方になれない人がいたり、見たこともない、十両しか経験していない人が親方になれるなんておかしな話だ。

例えば、野球の場合、現役時代はパッとしなくても、指導者としての才能がある人が、監督やコーチに就任するのは理解できるが、相撲部屋の親方の場合は、部屋を継承することが出来るという特権が与えられるのです。

親方になる基準があっても、その成りようがあいまいなままなのです。
それは、有望力士のスカウト時点での密約があるからです。

これでは相撲界にいい人材は集まってこない。力士は実力主義とはいえ協会から徹底管理された弱い立場にある。

組合があるわけでもないのでおいそれと物を言うことも出来ない、せめて幕下になったら十両の半分の報酬は支払うべきだ。

相撲協会は儲けているのだから、そのくらいの改革は出来るだろう。

まとめ
貴乃花がいれば、そういった一般の意見にも耳を傾けたであろうことを考えると、とても残念でならない。

貴乃花は、もう相撲の世界に戻ることはないが、貴乃花には政治的な資質と要素が備わっており、大化けするような期待感がもてるのです。

貴乃花という国民的英雄をお笑い達のいじりタレントなどにしてはならないのです。

冗談抜きに、先ずはスポーツ庁長官となり、スポーツ界全体に旋風を巻き起こしてもらいたい。

すべてを失って一皮も二皮もむけて成長した貴乃花の姿をもう一度見てみたいのです。

タイトルとURLをコピーしました