学校が教えない宗教の話

芸能・スポーツ・カルチャー

海ヒト人:日本人は、祈りを捧げることが大好きなので無宗教ではない、ただ宗教観が薄いだけ

学校が教えない宗教の話
日本人は宗教心が薄いと言われながらも、お寺や神社に足しげく通い手を合わせてお祈りするのが恒例化しているのです。それは若者も同じ、神社に参拝するアベックの姿をよく見かけるし、受験シーズンでの神頼みとおみくじは外せないものです。今回は日本人の異質な宗教観に迫ります。

 

日本人の場合は、自分は無宗教と思っている人は多いようで私もその類です。

しかし無宗教とは言っても、お寺や神社へ行くと、必ずと言っていいほど、ささやかな願いと共に、お祈りを捧げるのが日本人の習性です。


受験や就職の際などには神社に切願するのは定番化していて、そのお守りも大切な宝物なのです。

また、特に日本のお祭りは、神社や寺を舞台とした儀礼の行事なので、日本中の地域で沸き立つのです。こうなると日本人の無宗教は嘘のようです。

かといって、結婚式などは教会で式を挙げることも定番化しています。

 

 

ここまでくると何か、優柔不断で規範の無い無神経さも感じてくるのですが、でも、このスタンスは決して悪いことでもないのです。

それは、この緩い風習が独特の価値観を生み、善悪のモラリティーに繋がっているからです。


しかし、冷静に考えると、国やマスコミが宗教に距離間をおくように意図的に仕向けているのではと疑うところもあるわけです。


日本人は何故、宗教を意識できないのか、それは多分崇拝者がいないからではないか、キリスト教ならイエスキリスト、イスラムならモハメッドという強烈な予言者がいるが、日本の場合は、仏教と言っても神社も加わるので、仏陀と言う感じではないので、教義の真意が明確化されていないからです。


とは言っても外国人から驚かれるのは仏壇の存在です。日本人は何で家にお寺を持っているのという感じになるからです。

そのお寺である仏壇に毎日お供え物をしてお祈りしているわりには、宗教への拘りが薄いことにギャップを感じるというわけです。

 

 

まあ、生きる上で、なんの問題も無ければ、このままでいいのです。

だが、世の中に矛盾を感じてきたり、生き辛くなってしまったとしたら、こんな緩々では支えきれないことは明白です。

日本にも悪い人はたくさんいますし、このサバイバルな世の中を生き抜くためには、大なり小なり、人間には心の支えが必要となるのです。

幸にも日本は、新興宗教に入信しようが、仏教やキリスト教やイスラム教にはまろうが個人の自由なのです。


しかし、宗教の選択肢はあっても、お金の話と同じで宗教さえも、社会に揉まれて勝手に知れば、という感じになっているので、皆目、見当がつかないわけです。

 

人間最後にすがるのは神頼み。

ひと頃よりは減ったが、年間2万人にも及ぶ自殺者を生んでしまう日本、この人たちを救うことが出来るのは、やはり、宗教以外にはないのかも知れません。

 

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました