ドンファンとイブの怨念は実るか

芸能・スポーツ・カルチャー

海ヒト人:それにしても紀州のドンファンは、77歳にしてはヨタヨタ状態だった

ドンファンとイブの怨念は実るか
ドンファンの死因は覚せい剤を大量に摂取した急性覚醒剤中毒ということで、何者かがドンファンの体内に覚せい剤を摂取させたことは間違いのないこと、そこに愛人の存在が浮上したことで、一気に刑事ドラマの様相を呈した展開となってきたのです。なんといっても、そこに居合わせたのは愛人と家政婦だけというドラマ仕立てのミステリー……。

 

亡くなられたドンファンさんには申し訳ありませんが、ワイドショーウオッチャーは、久しぶりの興奮推理ネタにゾクゾク感満載なようです。

 

それにしてもドンファンさんお金をあれだけ持っているのに、自己管理はまったくできていない感じがしました、ひょっとしたらヘンな薬を飲まされ続けていたのかも?なんてね。

 

偏見の目で見てはいけないとはいえ、この女はどうみても図星だったということです。

とにかく、あんな可愛げのない冷めた女にドンファンが苦労して築いた財産が行くとなったらまったくもって関係のない我々が聞いても不愉快になりますよね。

しかも真っ黒状態なのに立証が難しいので逃げきれそうだなんて聞いちゃったら余計に腹が立つ女です。

 

何といっても密室の中にいたのは、ドンファンとこの女だけ、ドンファンの死因は覚せい剤によるもの、さらに、この女は事前に覚せい剤を入手しているということが発覚したのです。

素人考えだとこれは動かぬ証拠なので、もはや本決まりとなるのですが、立証ともなると、どうやって大量の覚せい剤をドンファンの体内に押し込んだのかなど、したたかな弁護士先生の登場によって、かなり手こずりそうな気配もしてくるわけです。

 

この話は犯罪以前に、なんの世話らしきこともしていない小娘ごときが、こんなんで大金持ちになるなんてあっちゃいけないことだということに尽きるのです。

 

 

なので、この女がとっ捕まったら拍手喝采ザマーミロのオンパレードなわけです。

 

キャバクラのホステスは知恵を使い、AV譲も体を張って稼いでいるのです。それなのにこの女と来たらなんの苦労もなく財産を引き継ぐだけでなく社長の座にまでおさまっているのです。

 

うーん、ちゃんとお世話をしてきたのだったら判るけど、知り合って間もないわけよね、確かに理不尽な話よね。

それにしてもドンファンさん、超のつく経験の豊富さを誇っている割には、なんか趣味が悪いよなあ、最後の最後にきて、ここまで酷いあばずれ姉ちゃんじゃ見る眼が無さすぎだよ。

 

それにしても、ワイドショーや週刊誌の取材に出てくるドンファンの親戚とかいう人達もこの女には怒り狂っているけど、殺されたドンファンさんに対しては余り情がないのか、なんか冷めた感じなのです。

 

ドンファンの家の中は、札束だらけ、ドンファンが亡くなったらその札束の多くは無くなっていただって、まあ、あんな状態では、ドサクサに紛れる奴らが出てくるのは当然のことでしょう。

これって普段から、札束の一個やニ個くらい無くなってもドンファンさんは気が付かなかったのではないでしょうか、まあ、相当いい加減なことをやられ放題だったということです。

 

これじゃあ、ドンファンさんが愛犬のイブちゃんしか信用しなかったのがよく判るわ。

 

それと、ドンファンをよく知るデビ夫人のコメントが結構リアルなので面白い、前の女房もおかしな人だった、だって。

 

あと一つは、家政婦さんとか? この方も相当な疑いをかけられていましたよね、確かお互いにかばい合っていたような?

家政婦と言っても、ドンファンさんへの言動、振る舞いを見るにつけ、かなりの高飛車的存在だった。

愛人女房逮捕で疑いが晴れたことで濡れ衣を着せられた怒りをぶつけてマスコミを訴えるのかと思いきや、ありゃどこかに消えちゃった。

正義の人権屋さん、出番の筈ですよ、この方のために一緒に騒いであげなきゃ??

 

まあ、この手の話は雑誌社がネタ掘りしてワイドショーが追い込みをかけるというお決まりの展開なのです。

ということで、ここまでのドラマ仕立ての話は、ひがみやっかみ、野次馬根性丸出しで結構なことじゃないですか!騒がせてもらいまっせー!!

あっそれと、有罪にもなっていないのに決めつけはよくないなんていう正義のお言葉はいりませんのでよろしくお頼みします。

けど、くれぐれも一線を超えないようにしましょうね。

 

超いい加減なオヤジだったけど、ドンファンとイブちゃんの無念を晴らしましょう!!

 

とにかく、ここまで来たのだから、お願いだから証拠不十分で釈放だなんてやめて頂きたいものです。

 

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました