凡人ゆえ馴染めなかったボブディラン

芸能・スポーツ・カルチャー

海ヒト人:凡人の私はボブディランがどうしても馴染めなかった、このまま聴かず嫌いで終わってしまいそう

凡人ゆえ馴染めなかったボブディラン
今回は、歌詞が理解できないと魅力が伝わらないというボブディランに迫ってみます。何と言っても、あのふてくされたような愛想の無さで淡々と歌うディラン先生を見るにつけ、英語が判りゃあ、いくら能無しの私でも少しはディラン先生のことが理解できたのに何て思うのですけどね……。

 

以前、洋楽はメロディーとビートの利いたリズムが主流で歌詞は二の次だったという話をしました。

日本人は特に英語が苦手、それを逆手にとったレコード会社は売るがための手段として勝手なタイトルを付けて音楽フアンを誘導していたのです。

ということで、英語を理解できない我々は曲のタイトルからイメージを想像するくらいが関の山、何と言っても外国人歌手が奏でる美しい英語の歌唱に魅了されているのでもうそれで充分、歌詞の意味まで頭に及ばなかったのです。

 

そんな中で、歌詞が理解できないとこの人の魅力は判らないという方が存在しました。

それこそはボブディラン大先生です。

私はディランの知識ゼロなので初めて書きますが、日本ではボブディランを理解しない人が多かった記憶がある、あのダミ声、暗さが嫌いなどと結構論議の的となっていました。

勿論、凡人の私もディランは嫌いと言うよりか、まったくのスル―状態でした。

早い話が聴かず嫌い、ボブディランの曲は喫茶店でもどこでも流れていましたが、どの曲が「天使のハンマー」か「風に吹かれて」なのかの区別がまったく判らないままなのです。

 

何度も言う通り、私みたいなにわかアマチュアバンドの洋楽フアンはメロディーとリズム中心なので、詩は二の次三の次、しかもアップテンポに嵌まっていたので、ハーモニカのジト―ッとした旋律のノッタラペースなんて受け付けなかったのです。

まあ、私の音楽仲間には一人もいませんでしたが、ボブディランに嵌まっている人は結構いて、とにかく、褒めちぎり方が異常で気持ち悪さを感じたものです。

挙句の果てには、ロック系の我々を名指しして、お前らにはあの音楽の良さが判らないだろうなどと、あからさまに人を小馬鹿にしたり、挑発する人も多かったのです。

まあ、ディランシンパと対峙したら屁理屈言われて論破されちゃうというわけです。

 

なので、余計にディランが嫌いになったし、あれは反戦の盛り上げの過剰反応から出てきたもので反骨精神の塊ではと冷ややかに見ていました。

 

 

顔を見ても神経質そうで気分や丸出し、それにしても、ここまでサービス精神ゼロ、わがまま好き放題で自分の我を通せる生き方ができるなんて凄いに尽きます。

音楽評論家達もディランのこととなると、ディラン信奉者を敵に回すのが怖いのか、歯にものが挟まったように、素晴らしいが詩的ではないなどと謎めいた解釈をしたりするのです。

私の場合、ロックに対しても宣戦布告してくる反骨野郎のイメージがあるので、未だに彼はアーティストではなく哲学者だと思っていたのです。

嫌いとかではなく、ディラン先生は貴顕過ぎちゃって恐れ多くもの存在なので、評論する術もないわけです。

 

雲の上に乗っかってしまったディラン先生

ノーベル文学賞受賞、受け狙いか?いくら何でも文学からはズレているんじゃないの。

案の定、受賞が発表されてもご本人からは無視状態、もはやノーベル賞の権威もへったくれも無い。

これはかつてフランスの著名な哲学者であるサルトルがノーベル賞を拒否した再来かと大騒ぎとなるが、最終的には受賞を受け入れ、ノーベルさんをかろうじて立ててくれたのでした。

相変らずやってくれるよねディラン先生は。

中には受賞は遅すぎたなどとヨイショするメディアも現れたりで凄かったですね。

ボブディランがノーベル賞をとったことで少し安心しています。

「ノーベル文学賞受賞者の恐れ多くものディラン先生」これでディラン先生を「ロックの王様」などと軽々しく呼ぶ人が少なくなるだろうと予測するからです。

 

ついこの間、ディラン先生の「Like a Rolling Stone」という曲を通しで初めて聴いてみた。

ディランシンパさんたちが言う神の声⁈ほどには聴こえなかったけど、なるほど結構いいじゃん!

ディラン先生、80歳のしわくちゃ顔でも色褪せしない音楽なので丁度いい。

 

ところが!!ディラン先生、12歳の女性に性的虐待をしたとして訴えられちゃった。

なんと、56年前の話だって⁈⁈

なんでアンタ今頃言うの⁈⁈

せめてディラン先生が30代くらいの時に言ってくれていたら赤っ恥をかかせて、あの性格を正すことが出来たかも知れないのになあ、なんてね⁈

 

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました