日本人のルーツであり、最後の拠り所である皇室の歴史を真剣に考えよう

天皇制・皇室

令和のサムライ通信:日本人の最後の拠り所「皇室」の巻

眞子様と小室圭さんの結婚が成立したとしたら、国民の皇室への失望は測り知れないものとなることでしょう。
特に、何もしない宮内庁の存在意義は真っ先に問われて然るべきです。

本来は、おめでたいことなので、大いに祝福したい話です。

しかし、素性が明るみに出るたびに驚きの連続でしかない、こうなると、皇室に対して尊敬の眼差しで見る人ほど、この結婚に激しい違和感を持つのでした。

この婚約に際して当初は、誰しもが好意的に捉えておりました。

お相手は、当然、民間の方とは云っても、それなりの品格と経済力を持ち、それ相当な名家の方か経済界の家柄の方に違いないと想像をしたものです。

そして、途中から母子家庭と聞いて、そうか、黒田さんのような方かなと。
ところがでした。

 

小室さんは眞子様のお相手には相応しくないと考えている人は相変わらず多いようですね、人の結婚にケチをつけてはいけないとは思うのですが、いくらなんでも、これはおかしいと感じてきました。

最初に違和感を感じたのは、「海の王子」と言うあまりに軽すぎる経歴、彼には本気で王子様になりたいという願望があったのでしょう、ホテルのラセン階段でポーズを決める!あんな時代錯誤の勘違い写真を撮る人がどこにいるのでしょうか。

 

小室さんは、今でこそ控えた行動をとっていますが、最初のころは調子に乗っていた感じがしましたよね。

だいたい、皇室の女王様と堂々と電車の中でいちゃつくのも、常識のある男性だったら、周りの眼があるので、眞子様の立場を考え、止めておこうと躊躇するはずだが、この人はまるで周囲に見せつけ、周知させようとする素振りなのです。
黒田さんだったらこんな馬鹿なことは絶対にやらないでしょう。
皇室の存在、そして歴史を知らなすぎる。だからこそこういう振る舞いが出来てしまう、それだけでも危険な存在です。

 

小室さんのお父様や祖父の死を聞かされた時は驚きました。さらに元婚約者の方の発言やその対処を聞くと、小室さんのお母様に対しても、とても違和感を感じてきます。

そう、次から次へと出てくる小室家の驚愕な醜聞の数々は、呆れを通り越して薄気味の悪さを感じる。これらの一部を切り取っただけでも、一般家庭でも受け付けないレベルの話です。
皇室の女王様を嫁にもらうとなれば、その一族の素性も明かされるのは当然のことです。
特に雑誌社などは、それが仕事なので、周辺への取材攻勢はいい意味でも常識です。芸能界のゴシップとは次元が違うのです。

 

この親子は、これだけ世の中を騒がせているのに数々の疑問に対して何の説明もしていませんよね。
最低限、皇室の方を受け入れるからには、こうした対策を立ててお待ち申し上げています。くらいのことは言うべきだと思うのです。

この親子は、どうやらそういう当たり前の常識も認識も無かったようで、父親の死の真相なども隠し通せると判断していた節があるのです。であればさらに問題です。
そもそも、この親子の言い訳など、もはや聞きたくもないが、雲隠れしたままというのでは、この親子は完全に世の中を舐めている。いや、日本国民を舐めているとしか言いようがないのです。

 

そうですよね、民間人が皇室のお姫様をお嫁にもらうなんて、夢のようなサクセスストーリーなわけで、どのような方か興味がわくことは当然なので、最初からその認識を持って世間に対処しないとダメですよね。

当たり前だよ、そもそもはおめでたい話なので、お相手の方の素性は大いに興味あることだ。また、皇室は国が賄っているという意味でも国民が知る権利もあるし、民間人のプライバシーとは違うので、大騒ぎされて当然のことだ。
ただねえ、普通少しくらいはマイナスのことがあっても、おめでたい席では変な話は伏せるもんだよね、ところがこの親子、良い話はほとんど無く、変な話ばかりだった。

 

小室さんのキャリアで、皇室の元女王様を満足させる生活を築くことなど出来るのでしょうか。

小室親子は、最初から皇室に頼ろうとする節があると見る人も多いのだよ、第一、あんなクズみたいな借金も踏み倒そうとしているくらいだからね。
仮に本当に結婚しちゃったら、小室さんの収入では豪邸に住むなんて出来っこないしセキュリティもままならない。今までにないくらいにゴシップ雑誌にまとわりつけられて、プライベートはゼロに近い状態となるかも知れない。そうなれば、イギリスみたいに王室自体が大金持ちではないので悲惨な状態になることは間違いない。

ネットで投稿する方々は、興味本位などではなく、いつまでたっても結論(破棄)を出さない秋篠宮や宮内庁に対してジレンマを感じ、意見を述べているわけです。

唖然茫然、一般家庭でも拘ってはいけないレベルの人達、もう、充分に判ったので小室家の借金問題など、どうでもよく聞きたくもないし、まったく興味もない、もうこのおかしな親子に、これ以上皇室を掻き回されたくない、拘わってほしくないということに尽きるので、早く消えて無くなってほしいだけなのです。

学習院を嫌い小室親子の接近を許してしまった秋篠宮、そして、一族の素性を見抜けなかった宮内庁の脇の甘さは、国民を完全に失望させたと思う。

まとめ
天皇そして皇室は日本国家の象徴なのです。
菅政権そして宮内庁に警告したい、この結婚の成立は、皇室に対して敬意を表する人から皇室離れが進むことになるかも知れない。

再度言うが、これは皇室無用論を叫ぶ反日達の思う壺で、彼らの流れが勢いを増すだけです。

今迄は野党が何を言おうとも、皇室に関してだけは国民の力で吹き飛ばしてきたので、さすがの反日野党もこれに触れては不味いと静観してきたのです。

皇室の存在は、共産、社民、立憲などの野党からすればガンでしかなく、難攻不落な厚い壁なのです。

皇室離れが進めば彼らを奮い立たせるだけ、そうなれば、2000年続いた皇室は危機に見舞われる可能性も出てきてしまうのです。

日本は何でも骨抜きにされている。日本国民の拠り所である天皇制までもが反日分子によって骨抜きにされては、日本民族は滅んだと同然のこととなるのです。

タイトルとURLをコピーしました