「お金」の有難み、貴重さを子供達にも学ばせ理解させよう

経済の疑問・お金・株

「金は卑しいもの」、何故、日本人はお金の存在を否定するのだろうか、
お金の有難味をもっと自覚しよう、お金は貴重なものなのです。

日本は、昔から精神的な美徳を重んじるあまり、「お金は汚い」などと、お金に対しての卑しさを強調してきました。
特に学校などでは、「お金で幸せは買えない」などと洗脳するので、「カネ儲けは汚いもの」「お金のことを考えるのは品がない」「汚らわしい」という間違った風習が成り立ってしまったわけです。

しかし、現実はどうか、お金が無いと今日明日も生きられない世の中なのは明白なのに、お金の汚さだけを強調するだけで、お金の大切さを学ばせる機会は一切ないのです。

確かにそうですね、面接などでも、余り報酬のことを聞くと印象が悪くなるので控えた方がいいという風習ができているので、当たり前のことも言えなくなっています。

報酬のことを深く聞けないなんて、日本くらいのことでしょう。だから話が違うというミスマッチに発展するのです。
こういった間違った風習が、さらにお金のことをあまり言うと卑しいというイメージをどんどん作り上げてきたのです。

お金の価値を正しく認識する
そもそも、「お金は汚い」の根源は、権力者や独裁者などの富を独占する特権階級に対するものからはじまったもので、一般に定義されるものではないのです。

勿論、一番大切なのは健康であることですが、健康を維持するためにも食わねばならないし、お金は絶対に必要なのです、食べ物は空から降ってくるわけではないのですから。

「金持ちイコール悪者」何も金持ちなんかの味方なんてしたくも無いが、いくら何でもこれっておかしくないか?

お金が命とまでは云わないが、お金が信用を表すというのは事実のことです。なので、子どもの頃から、お金の大切さを学ばせねばならないのです。
そんなものは、大人になって知ればいい、というのは無責任。
お金の大切さ貴重さを教えていないから、お金にダラシが無い、人様に迷惑をかける人間も出来てしまうのです。

確かに「命は金で買えない」は本当だけど、「幸せはお金で買えない」は嘘です。
だって世の中の9割のことはお金があれば達成できる。何故なら世の中の仕組みがそうなっているからなのです。そんなの資本主義なら当然のこと、お金が無ければ明日は生きられないのです。

かつて、理想の共産主義国家を謳っていた中国、「中国人は金などに執着しない誇り高き人民である」は、トンデモ大嘘話で、実際は恐ろしいほどの商魂に長けた人民だった。
お金が無くとも生きられる理想のユートピアと思われていた共産・社会主義国家のほとんどは金次第、働かざる者食うべからずの精神だったし、賄賂が横行し私腹を肥やす役人ばかりで、行きつくところは皆、金、金、金の亡者だったのです。
結局、中国は改革開放を行って生き残ることが出来、今では世界経済を牽引するまでに成長したのです。
社会主義だろうと労働の対価はお金で還元されるのです。

実は、当時のソ連も中国も、名誉だけもらったって、金が付いてこなかったら生活出来ないわけで、そんなものいらないから金をくれって暴動寸前だったのです。

お金が無いと、最新の治療も受けられないし、貧しい国では、設備の整った病院も立てられないわけですよね。

そう、現実を見よ、貧しい国の人が病気で若くして亡くなるのは、高い医療設備や薬を買うお金が無いからです。その為に、世界中で寄付を募り、支援を行ってきたのです。人の命を救うのもお金が無いと出来ないわけです。
とどのつまり戦争でもなんでもお金さえあれば解決出来るのです。
それでもお金が汚いなどと言えるのでしょうか。


日本のODAも、もっと考えて援助してほしい、今みたいな軽はずみなバラマキをやめて、援助国には日本国民の貴重な血税であることや、お金の重みをしっかりと理解させたうえで援助を行うべきだ。

金持ちへのひがみ
確かに金持ちは憎たらしく、何か貧乏人を見下したところがあるように感じてしまう。

それは、学校などからお金を稼ぎすぎるのは差別を生む卑しい文化であると潜在意識を刷り込まされているからです。

清貧が美徳というのは日本独自の考え方なのです。それはそれで決して悪いことではないし、そういう精神もあるが、外国に行ったらそんな思想は笑われるだけです。貧しいことを満足している人などいない、貧しさは敵なのです。
アフリカを見れば一目瞭然です。貧しさ故に争いが後を絶たない、何十年もの間、負のスパイラルに陥っている。

金を稼ぐは、生きるため、家族を養い幸せにするための最も当たり前の行為であるし、お金で幸せを買うことも出来る。お金は生きていくうえで必要不可欠なものなのです。
お金があれば夢が広がり、目標も出来る。実現の道が開ける。貧しい人も救えるのです。
しっかり稼いで、それなりの生活をし、悔いのない人生を送りたいものです。

生きていくためには、お金のことは必ずついて回ることなので、お金を侮辱してはダメですよね。

ということで、お金稼ぎが卑しいというネガティブなイメージを捨てきっちゃって、堂々とお金稼ぎがしたいと言える世の中にしましょうね。(今頃言っても、もう遅いか)


まとめ
宗教もお金で思いやりを施すことを最も奨励しているのです。
それは世界三大宗教を見れば判ります。

キリスト教の慈善事業では、自身の労働対価の一部を寄付することで、周りの人たちとの愛情精神を共有することを奨励しています。

イスラム教では、「喜捨」という精神が定着しているのです。この喜捨とは、イスラム教独自の寄付のことで、貧しい人達にお金を与えることは慈悲の精神として当たり前の行為なのです。これは、イスラム法でも厳格に定められた必須な行為です。

仏教は、因果応報の世界なので、貧しい人達にお金を与えることや寄付をすることは、功徳を積むこと、自分の価値も高めることとして、永遠に引き継がれてきたのです。

お金で買えないものは、命と時間だけなのです。

最後まで読んで頂き有難うございます。

関連の記事も見てね

タイトルとURLをコピーしました