別荘地は田舎暮らしの穴場⁉2

ど田舎・本格田舎暮らし

海ヒト人:別荘地は穴場だが、それはアクセスがいい場所か温暖地に限る

別荘地は田舎暮らしの穴場⁉2
昨日に続き、「別荘地は田舎暮らしの穴場⁉2」です。確かに別荘地は移住の穴場ではあります。しかし、それは地方都市に近い場合や温暖地に限るということです。山間部の別荘地の場合は、冬場の利用を想定した作りではないので、ライフライン上のトラブルがつきものとなり、生活するには難儀を伴うのです……。

 

先にも触れましたが、山間部の別荘地は避暑地なので夏だけの利用を想定した作りだということ、なので、問題は冬場なのです。

夏でも涼しさが味わえるということは、冬の寒さは半端ではないことが想定できます。

そもそも、長野などでは冬場の間は閉鎖状態となる観光地が多いのです。

 

ということは、山間部の別荘地は冬場の間は観光客も来ない閑散状態となる寒冷地だということです。

冬場の別荘地では、寒さが厳しいので、水が出ない、水道が凍結などのトラブルが頻繁に発生するし、寒さを凌ぐために電気ガス代は都会以上に高くつくのです。

※田舎は雪が降ったら簡単には融けないので、冬場は氷漬けとなる。

治安の問題

別荘は空き家が多く、人けが少ないので空き巣被害も多発するのです。

周りの家が空き家だらけだと、ただでさえ不安に駆られるもの、治安の面で精神的な不安が増してくるのです。

 

別荘地は資産価値がない

別荘は確かに安い、ということは資産としての価値はないということなのです。

これはかなりのネガティブな話です。

都心に近かったら2000万の土地でも売る時は、叩かれても1500万程度の値はつくもの、

しかし、別荘はタダ同然となるのです。

いざ売ろうにも買い叩かれて二束三文になることは覚悟すること、それは別荘だけでなく田舎はみな同じです。


負の遺産の続出

売るに売れないので放置されたままの物件だらけ、結局、固定資産税と管理費だけを払い続けるはめとなるのです。

また、バカ安には裏があると思っていい、管理費が高かったり、水道設備を自分で作らなくてはならなかったり、別費用がかさむケースが多いのです。

※別荘地の場合、分譲区画で整備されているので、管理費の負担も大きい。

ご承知の通り、別荘地を開発した業者の殆どはバブルと共に消えて無くなり、管理会社も空中分解して行ったのです。

ということは、別荘オーナーが自主管理を行う地域も多いということ、こうした別荘地は管理費が割高となるのです。

 

そもそも、別荘地は地元の人間も住まない開拓地だった場所なのです。

そういう場所は湿気も多いので、人が少しでも住まなくなると大荒れとなり、内装や外観も長持ちしないので家の寿命が短いのです。

※別荘は見た目はいいが、人が長らく住んでいないなどの放置物件が多いので、傷みが激しいのです。リフォーム、修繕に出費がかかる。

別荘地は住民同士の交わりは少ない

先に別荘地は余計な干渉を受けないと言いましたが、別荘の場合、それがネガティブに作用するケースもあるのです。

と言うのは、別荘地は不便を余儀なくされる地域なので、誰も相談することができない、助け合いがないでは、すべて自分で工夫しながらやらなければダメなわけです。

例えば、私の場合は、ハーフビレッジという便利が整っている地なので、周りに頼る事もなく、聞くこともなく住んでいられるのですが、これが、周りに何も無いとなると話は別ですよね。

そもそも田舎の助け合いの精神は不便を解消するためのものです。

要は相談する相手がいない、それはそれで厳しいものなのです。

 

地方の場合は、過疎による税収の落ち込みで行政サービスが軒並み縮小されているのです。

そうした状況では、別荘用地などの連帯感が薄い地域は特に淘汰されていく傾向にあるのです。

 

別荘が人気⁉う~ん、軽井沢銀座に近い一等別荘地に住むのだったらこんな話とは無縁でしょうが、庶民の手の届く範囲となるとまだまだ様子見のようです。


ということで、ネガティブなことばかり書きましたが、これが別荘住まいの紛れもない現実なのです。

 

ただ別荘地でも地方都市の近場にある場合は不便が解消できるので、ハーフビレッジ(便利な田舎)としての可能性も出てきます。

 

 

また、伊豆などの温暖地域の場合は、コンパクトにまとめられていてアクセスもいいので、新興住宅地へと変身する可能性もなきにしもあらずということかも知れません。

 

どうやら別荘生活は、余裕のある二拠点生活の方にはいいようには思えるけど、移住となると考えものね。

二拠点生活でも買っちゃったら、後々重い負担となるということ、マスコミや不動産屋の口車に乗せられないことだね。

 

今日はこの辺で、田舎移住の話はまだまだ続きます。

 

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました