田舎ではカタカナ言葉は通じない

ど田舎・本格田舎暮らし

海ヒト人:田舎ではカタカナ思想は理解されない

田舎ではカタカナ言葉は通じない
よく、業者が言う「田舎でスローライフ」というキャッチを目にしますが、本当にスローライフを実現させている人なんているのでしょうか、それは多分に私のようなハーフビレッジ(便利な半田舎)での成功例?なのか、本格田舎ともなるとカタカナ語の個人思想を持ち込むなど論外のこととなるでしょうね……。

 

今回は、ライフスタイル系のカタカナ言葉は田舎では理解されないこと、そして、同じ田舎でもハーフビレッジ(便利な半田舎)の場合では実践が可能だという話を簡単に述べてみます。

 

私たちは、田舎でスローライフという安易なキャッチを散々目にしてきました。

 

しかし、いったいどのようなスローライフな生活が送れるというのでしょう。

 

最初の頃は確かにこんな感じでしたよね、結局、マスコミに言わされていたのでしょうか。

 

結局、現実はそんなに甘くはないということが、ここに来てようやく知れわたって来たようです。

 

日本の社会は、周りに合わせることを重視するという横並びの精神が根付いてきたわけです。

そうした中でも特にその風習が色濃く残り続けているのが田舎社会なのです。

 

ということで、田舎に行くほど、線からはみ出すことは、自分勝手で姑息なズルイ奴と判断されてしまい、異端的に捉われてしまう風習があるものなので、かなり閉鎖的な習わしがあるのです。

 

 

 

ただでさえ、カタカナ系の思想は、日本ではまだまだ誤解を生みやすいのに、それを田舎で生活様式にくみ入れるなど至難の業なのです。

 

まあ、スローライフ程度ならまだましですが、ノマドやヴィーガンともなると中規模クラス以上の田舎ではまず理解されないことでしょう。

 

ところがハーフビレッジの場合は、何度も言うように、殆ど周りから干渉を受けないので、ノマドだろうがヴィーガンだろうが独自の精神思想を取り入れた生活が取り敢えず可能なわけです。

 

とは言っても、ヴィーガンともなると、都会でやっても完全に浮いちゃうし、かといって、本格田舎でやろうものなら村八分にされてしまうでしょうから、ハーフビレッジでもかなりのクエスチョンが付くのは確かでしょうね。

 

私の場合は、健康志向が最優先なので、ヴィーガンともなると、栄養バランスの観点から見ると、うーん、それじゃあ身体が萎んじゃうなんて考えちゃうわけです。

 

まあ、私がやっていることも自己中と言われればそれまでのことですが、少なくとも周りに不快を感じさせないこと、迷惑と思われないことだけは鉄則としたいものです。

 

まあ、そんなことで、少し極端と思われる生活思想の実践の場合、人との距離を置くことも必要となるので、ハーフビレッジの場合は干渉を受けないので適正地なのかも知れません。

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました