海の田舎は未開拓地だらけ

ど田舎・本格田舎暮らし

海ヒト人:日本は島国、海の田舎が見落とされている

海の田舎は未開拓地だらけ
田舎暮らしと言うと山奥ばかりに目が行きがちとなる、しかし日本は島国なので海側の田舎も多いのです。実は、海側にもハーフビレッジ(便利な半田舎)の地はたくさんあるのですが、それが見落とされているのです。それこそ海側は未開拓地だらけ、但し、海の田舎も山と同じく、場所によっては閉鎖的な面もあるので侮れないのです……。

 

田舎暮らしと言うと山奥ばかりに目がいきがちとなるのですが、日本は島国なので海側の田舎も多いということです。

そもそも都会人は、海側というと湘南や葉山、三浦などのハイソな地域を思い描くので田舎のイメージが沸かないのです。

しかし、それはそこだけの話、富裕層エリアから飛び抜けた地域には田舎感のある地はいくらでも存在するのです。そこが見逃されているわけです。

 

山の場合、奥に行くほど過疎の限界集落となりますが、海近の場合はそこまではいかないのです。

 

ただ、海側の地域は山側と比べて明るさがあると思われがちのようですが、気負つけなければいけないのは、人の場合、これもまた山ほどではないが、結構閉鎖的な地域も多いのです。

それは漁協を見れば納得です。どの漁協も地域の独占欲がとても強く気性も荒いので、よそ者は受け付けないという姿勢が強いのです。

 

 

まあ、こうなると、とてもではないが、よそ者が漁村で田舎暮らしなどあり得ないわけです。

 

海はみんなのモノ
海は誰のもの?海はみんなのものに決まっていますよね。

けど、漁師たちにとって海は生活の場であり、自分達のものという自負があるのです。

 

こうなると、漁村でスローライフなんてあり得ないしそれは誰しもが判ること、漁村は自分達先住者が中心なので、移住者を受け入れる発想は極めて低いのです。

まあ、彼らの言うことにも一理あるし、海を職業としている漁師からすれば、海を遊びと心得る定義は相容れないものなので、海よりでの田舎暮らしを求めるなら、漁村からは離れることが鉄則なのです。

 

海との付き合い共生
私のようにリタイア後は海を眺められる生活をと願う人は非常に多い。

しかし、海はただ見ているだけでは飽きるもの、海で趣味を活かせれば、海の価値は数倍に膨らむし、飽きも来ません。

そもそも海に憧れを持つ人は、釣りやサーフイン、ダイビングなどのマリンレジャーの趣味を持つ人が多いのです。

 

 

 

 

要はそれが可能かどうかという視点で考えることです。

漁師町では海で遊ぶのは子供くらい、よそ者が釣りをするだけでも目立ってしまうのです。

結局、マリンレジャーに拘る人の場合は、ヨットハーバー周辺などに集約されてしまうわけです。

そうなると、一気に金持ち価格となり手の届かない世界となるので、夢物語となってくるわけです。

しかも彼らの場合は金の力で貧乏人を寄せ付けません。

 

結局、海はダメなのか?

いやそれはない、考えてみれば日本は海だらけなのです。

確かに漁の拠点となるような場所は彼らに抑えられてはいるが、別な角度で捉えると未開の部分はいくらでもあるのです。

 

しかも海側の場合、山の田舎と違って、ベールに包まれていることはないので、我々でも見抜くことは出来るのです。

 

視点を変えれば海での生活はいくらでも可能であるということです。

身近に結構見落とされている場所も多いのです。

主要の港は、漁協連中が支配していますが、漁港から離れたそれ以外の場所はオープンだということです。

 

漁師町は無理なのは判るけど、じゃあどういうところがいいのかしら、見当がつかないわね。

例えば、伊東で言えば干物などの加工屋が多い地域には、人が住まない廃屋化した家が多くて、アパートもスカスカ状態だ。

勿論、セレブ感なんかは無いけど、海が目の前なのでリゾート気分は最高だよね、探せば掘り出し物があるということさ。

 

海の本当のリスク

しかし、侮ってはいけないのは、海は美しいだけではないということ、海の本当のリスクは人ではなく自然なのです。

海は山以上に自然の猛威が付き物なのです。

その過酷さは人を寄せ付けないほどのもので、海で生活する人たちは、先人からその過酷に耐える知恵を学んできたのです。

 

海の目の前に住むのは漁師や海産物を扱う人たち、そこは仕事場だし生活の拠点なので危険だがやむを得ないのです。

それをロケーションがいいからと言って素人が真似をしてはダメなのです。

海との共生を望むなら最低限の知識と常識を持たねばなりません。

ということで、海での住まいは山間などの高台に位置することが最低条件なのです。

海が見えるということは直接的に風雨に見舞われてしまうことは致し方ないこと、しかし高台であれば、高潮や津波の被害からは逃れられるからです。

海側は潜在の宝庫
とにかく、あちこち回って自分の目で確かめよう、気に入った場所があれば地元近くの不動産屋に飛び込んで情報を得るのもいい、田舎に行くほど不動産屋はスレていないし、悪徳は無いのです。

海側にも、見逃されたハーフビレッジ(便利な半田舎)がたくさん存在するのです。

 

今日はこれまで、これからも田舎暮らしの話は続きます。

ポチポチ よろしくお願いします。   
タイトルとURLをコピーしました