中国の正体

中国の正体

何をされても中国の支援に回るバカ日本

物凄い勢いで発展し続けた中国経済でしたが、調子に乗り過ぎてアメリカを怒らせてしまい、その余韻は冷めやらないままです。 窮地に立たされ、困り果てている中国ですが、そこに助っ人として毎度現れるのが、お馴染の財布の紐が緩い日本政府と言うのが定番です。結局、黄色信号がともり出していた「一帯一路」構想も動き出す気配が濃厚のようです。
中国の正体

近い将来、日本はチャイナタウンだらけとなる

今回は、中国人や韓国人による日本の土地を好き放題に買い漁っている危険な実態に迫り、簡単判りやすく解説して行きます。 このままいくと日本国内に中国人自治区が出来上がってしまう可能性も出てきた。そうなれば大量の中国人が流れてくる可能性もある。冗談抜きで、日本は本当に属国化されてしまうかも知れません。
中国の正体

中国さんの「世界のリーダー」は誰も望んでいません

思わず吹き出してしまいそうですが、中国は本気で、アメリカに変わる「世界のリーダー」を目指しているそうです。ドルに代わって偽札ばかりの元の登場だそうだ。 悪い冗談はやめて頂きたい、中国が「世界の警察」になったら、世界中にウイグル並みの強制収容所がいくつも建ってしまうことでしょう、それだけはご免被りたい。
中国の正体

中国の日本憎悪はどこからくるものか

中国共産党は日本を常に仮想敵国に仕立て上げ、執拗な憎悪を煽り立ててきました。 そのネタ元を作り上げて、全面支援を行ってきたのが朝日新聞であるということは誰もが知る事実です。結局、中国人は何に対して怒りを感じているのだろうか?その一番はやはりこれだった。今回は、その根源を取りまとめ簡単かつ判りやすく解説して行きます。
中国の正体

ウイグル族は何故、中国から弾圧を受けるのか

ベールに包まれたままのウイグル問題、日本のマスコミは、中国の都合の悪い問題となると一斉にダンマリを決め込むので、日本人には殆ど情報が伝わらない。それどころか、池上という伝道詐欺師などによって大嘘を植え付けられる始末なのです。 今回は、悪徳な連中に惑わされぬよう、ウイグル弾圧の「さわり」の部分を簡単判りやすく解説して行きます。
政治・社会不信・防衛

日本の常任理事国入りは、中国がいる限り果たせない

茂木外務大臣は昨年、懸案である常任理事国入りの目標を掲げました。しかしその道のりは険しいばかりです。 今や国連とその傘下の機関は中国が牛耳ったかというほど、中国の発言力がましているのです。かたや日本の国連機関での立場は、どんどん弱くなる一方で重要ポストからも外された状態なのです。今回は、常任理事国入りの難しさを簡単判りやすく解説します。
中国の正体

中国の弱点は人民元にあり

ドルと並ぶ世界の基軸通貨を目指す人民元ですが、さすがに経済大国を謳歌する中国でも、これだけはいきなりとはいかないようです。 今回は、コロナ危機でも証明されたドルの強さと、そして、人民元の国際化を狙ってAIIB(アジアインフラ投資銀行)という組織を設立した中国の思惑などを簡単判りやすく解説してみます。
ODAの実態・援助、支援

中国化が進むアフリカは危険な状況になってきた

中国はアフリカ諸国において国家的とも言える大規模プロジェクトを次々と完成させています、こうして支援を受けたアフリカ諸国は完全に中国頼みの体質が染みついてしまったようです。 そうした中、アフリカ各地で中国人民軍を受け入れる軍事基地化が刻々と進んでいる実態が表面化しています。今回は、アフリカで続く中国の危険な覇権主義の実態に簡単判りやすく迫ってみます。
ODAの実態・援助、支援

アフリカ各国を属国化しようと企む中国の正体が見えてきた

中国は、20年前からアフリカ諸国に進出し、もの凄い勢いでアフリカ各国の成長を支えてきたのです。当初の中国の狙いは、中国国内の成長を維持するための石油資源などの確保が中心と捉えていましたが、ここにきて判ったことは、計算し尽された大きな野心が潜んでいることが発覚し出したのです。今回は、したたかな中国の本音と野望を簡単判りやすく解説してみます。
ODAの実態・援助、支援

日本の援助で軍備を増強しミサイルを向けてきた中国政府

日本のODA事業は、国民の不信感を呼ぶ最大のテーマの一つです。 今回は、その中でも、「打ち出の小槌」といわれるくらいの最大限の援助を施しながらも感謝どころかミサイルを向けてくるという最低最悪なODAの失敗作である中国へのODAの実態を取り上げて行きます。しかもこの異常援助は、国民に知らされず2年前まで続いていたというのだから驚きです。
タイトルとURLをコピーしました