スローライフ

スローライフ

過去のトラウマを撃退しよう

人はどうしても、思い出したくも無い出来事などが突然、甦ってくることがある、この思考が習癖化してしまうと、しまいにはPTSDを発症してしまう恐れもあるので要注意なのです。それを撃退する方法として効果的なのが「心の呪文」です。フラッシュバックしそうになったら呪文を唱えて撃退するのです。
スローライフ

遊びと学びで人生をまっとうする

歳をとったらやっと判ってきたことがある、それは「命と時間」はすべての人間に平等に与えられているということ、であれば、お金では買えないこの貴重な時間を学ぶことや遊ぶことなどに有意義に使いたいもの、情熱を失うと人は一気に老け込むのです。
スローライフ

レトロというデジャビュの世界

前回は、スローライフとノスタルジーの世界について簡単に解説しました。今回はノスタルジーには外せない言葉となった「レトロの世界」に簡単に触れてみます。今や、昭和にタイムスリップしたと錯覚させるようなレトロを演出したミュージアムが登場するなど、レトロを主体にして町興しを狙う観光地も増え続けているのです……。
スローライフ

ノスタルジックはスローな空間にあう

誰の心にもあるノスタルジックの気持ち、悪い過去は一切捨て去り、自分が輝いていた時だけを呼び戻してみる。当時流行った懐かしの音楽を聴きくなどして、自分だけの満足を育む貴重な時を作り出す。人間たまにはノスタルジックに浸るのもいいものなのです。
スローライフ

感動にも賞味期限がある

今回は、感動がテーマ、しあわせを育む感動の持続に迫ります。どんなに素晴らしい光景でも、人は見慣れてしまうとだんだん感動感も薄れて行き、終いには、当たり前の光景となっていくものです。特に都会などでは、目の前に感動が広がっているのにそれに気が付かないことさえあるのです……。
スローライフ

海や山からパワーを引き寄せる

海や山の美しい景観に身をゆだねると、私みたいなスケールの小さい人間でも、気分が高揚して少し大胆なことを書きたくなってきたりするのだから不思議なもの、これこそが潜在能力を開花させるワザなのです。今回は海や山の眺めがもたらす精神パワーについて簡単に触れてみます。
スローライフ

誰もが長生き出来る保証⁈はない

何度も言うが、長寿大国とマスコミなどが騒いでいるが、みんながみんな長生き出来るとは限らないのです。それは有名人達の若すぎる死を見れば一目瞭然のこと、今や医療の充実によって早期の発見、治療を施せば大事を食い止めることは出来てはいるが、油断をすると命を落とすことは今も変わらないということなのです。
スローライフ

食べられなくなるという残念無念

50代、60代ともなると徐々に老化の兆しが出てくるものです。その老化の現象は身体の内部にも波及していくので、自ずと食欲の減退も招いていくこととなるのです。歳をとると、味を感じる機能が衰えるという味覚症状の激変によって大好物だったものが食べられなくなるという虚しい境地に晒されて行くのです。
スローライフ

人は流した涙で癒される

泣くこと涙することは、決してネガティブなだけの話しではないのです。実は涙は発散の一つ、涙を流すと精神を浄化する効果があるので、涙を流した後は心が和み優しい気持ちになれるのです。なので、悲劇映画の観賞や失恋ソングを聴くと精神が整い癒し効果に繋がるのです。
スローライフ

伊豆高原別荘地に人の気配⁉

バブルの象徴といえば真っ先に脳裏に浮かぶのが別荘用地の存在ですが、ここ伊豆高原の別荘分譲地も散々な衰退ぶりに見舞われてきたのです。ところがコロナ過のせいか、田舎暮らしの人気なのでしょうか、ここにきて別荘地に人が戻りつつあるのです。果たしてこれは本物の動きなのでしょうか……。
タイトルとURLをコピーしました