スローライフ

スローライフ

温泉、風呂は日本人の拠り所

日本人の健康寿命が延びたのは、風呂に入る習慣があるからという説もあながち嘘ではないようです。それだけ衛生観念が浸透した証だからです。そうした中で、温泉の効能は、スーパー銭湯などの登場で、女性を中心とした若者やファミリー層にまで定着したのです。この影響によって街中の銭湯も見直されつつあるようです。
スローライフ

スローライフで「時間を賢く使う」

時間はとても不思議なもので謎めいています。唯一判っているのは人間一人に与えられた時間は限られているということです。そんな中にあって、日本人の場合、定年後にせっかく誰にも束縛されない自由な時間を与えられたのにもかかわらず、なにもしようとしない人が多いのです。スローライフを実践して時間を賢く使いたいものです……。
スローライフ

日本は海に囲まれていてよかった

ここのところアフガニスタンの話題で持ちきりですが、海の無いアフガニスタン人やタリバンは一体何を食べているのだろうかという素朴な疑問が沸いてくるのです。そんな内陸国家の実情を知ると、海に囲まれた日本はいかに資源に恵まれているかが判ってくるのです。今回は、そんな日本の優越性とアフガニスタンの食事情に触れてみます。
スローライフ

70定年なんてふざけるな!!2

昨日に続き今日も高齢者雇用安定法などの国のまやかしに迫ります。何が70定年だ!受け入れ側の企業自体が年よりを受け入れるつもりなどサラサラないのに法で縛り付けしているのでドッシラケもいいところなのです。本気でやるのなら企業の体制にまで踏み込まないとダメな話。押しつけだけで終わっているから何事も中途半端となるのです。
スローライフ

70定年なんてふざけるな!!

70まで働くとなったら、それはそれで仕事が生きがいという人はいい。しかし、老後の余暇を楽しもうという人には60代を棒に振ったら後悔することとなる。何といっても、辛うじて体力が温存できるのは60代なのです。そういう意味でも、健康で体が動く充実した時にやるべきことはやっておきたいものです。
スローライフ

人生100年は本当か

昔に比べ、今の年寄りは倍近く長生きをしているのです。何故、寿命がここまで延びたのか、それは公衆衛生の問題もあるが、一番大きいのは「食生活の進歩」にあるのです。特に日本の江戸時代の人はたんぱく質を摂取する機会が少なかったので短命の人が多かった。それが今やバランスよく栄養を摂ることで体内の機能が改善され、飛躍的に寿命が延びたのです。
スローライフ

そこそこの貧乏人でよかった

私のスローライフの提唱は、お金をあまりかけないでスローライフを実践することですが、今回は、お金はあっても心のゆたかさが伴わないとスローな気持ちにはなれないという話を少しだけさせて頂きます。私の経験談からすると、お金を余分に持っているとワルがひっきりなしに現れて油断も隙も無い精神状態に追いやられるということ……。
スローライフ

スローライフでのNG「同窓会」

スローライフな生活を実践する中では、若い頃の昔を懐かしみたいとノスタルジーに浸る人は多い、それはそれでとてもいいこと、けど、思い余って同窓会などに参加すると、夢が破れる可能性もあるので要注意です。なにせ、ハゲ頭どうしで若い頃を懐かしんでも前向きには慣れません。想像の世界だからいいのです……。
スローライフ

残念ながらスローライフは挫折する人も多い

スローライフやシンプルライフは誰でも簡単に実践できるものではあるのですが、いざ実行してみると、しあわせ感に浸るどころか、すぐに挫折してしまう人も多いようなのです。それは現役時代のトラウマが邪魔して、気持ちの切り替えがうまくいかなかったのかと推測するのです……。
スローライフ

スローライフが育む心のゆとり

スローライフの実践によって、心のゆとりを持ったことで日常が大きく変わり、朝の聡明感や鳥のさえずり、虫の鳴き声までもが心地よく感じられるようになったという方は多いのです。 心の余裕によって、今迄気付けなかったことに気付く日がくる。今回はそんなリラックス効果について紹介して行きます。
タイトルとURLをコピーしました