ODAの実態・援助、支援

ODAの実態・援助、支援

中国化が進むアフリカは危険な状況になってきた

中国はアフリカ諸国において国家的とも言える大規模プロジェクトを次々と完成させています、こうして支援を受けたアフリカ諸国は完全に中国頼みの体質が染みついてしまったようです。 そうした中、アフリカ各地で中国人民軍を受け入れる軍事基地化が刻々と進んでいる実態が表面化しています。今回は、アフリカで続く中国の危険な覇権主義の実態に簡単判りやすく迫ってみます。
ODAの実態・援助、支援

アフリカ各国を属国化しようと企む中国の正体が見えてきた

中国は、20年前からアフリカ諸国に進出し、もの凄い勢いでアフリカ各国の成長を支えてきたのです。当初の中国の狙いは、中国国内の成長を維持するための石油資源などの確保が中心と捉えていましたが、ここにきて判ったことは、計算し尽された大きな野心が潜んでいることが発覚し出したのです。今回は、したたかな中国の本音と野望を簡単判りやすく解説してみます。
ODAの実態・援助、支援

日本の援助で軍備を増強しミサイルを向けてきた中国政府

日本のODA事業は、国民の不信感を呼ぶ最大のテーマの一つです。 今回は、その中でも、「打ち出の小槌」といわれるくらいの最大限の援助を施しながらも感謝どころかミサイルを向けてくるという最低最悪なODAの失敗作である中国へのODAの実態を取り上げて行きます。しかもこの異常援助は、国民に知らされず2年前まで続いていたというのだから驚きです。
ODAの実態・援助、支援

「青年海外協力隊の貢献」は、お役御免にしてほしい

「青年海外協力隊」と聞くと、国際貢献のプロフェッショナルであると勘違いをする国民は多いようです。しかし、彼らの実態は、取ってつけのにわか研修を受けただけの素人集団なのです。今回は、税金の無駄遣いの象徴であるJICAのODAの中でも「貢献」という名のベールに包まれた「青年海外協力隊」にスポットをあて、その実態を簡単、判りやすく解説して行きます。
ODAの実態・援助、支援

ODAをタブーの世界にしたインドネシア賠償事業

ODAというと、ばら撒きや税金の無駄遣い、ひも付き、不正の温床というマイナスなイメージがつきものです。 そのルーツをたどると、日本のワルどもが暗躍したインドネシアとの賠償事業に行きつくのです。ODAに対して国民の疑いの眼が集中してしまうのは、この賠償事業での深い闇が影響しているからなのです。今回は、日本国家の財源を食い尽くした悪の巣窟に迫ります。
ODAの実態・援助、支援

アフリカを完全に取り込んでしまった中国。日本との実力差を考える

今回も税金の無駄使いの温床であるODAの実態に迫ります。 かつて日本が一番の援助を施していたアフリカ大陸での功績は、日本は足元にも及ばないくらいの実にしたたかな中国の国家戦略によって完全に隅に追いやられてしまったのです。 何故、中国はアフリカ諸国を意のままに牛耳れたのか、その戦略を簡単、判りやすく解説して行きます。
ODAの実態・援助、支援

ODAによって我々の血税が無駄にばら撒かれている

ODAの実態。日本ほど、国民の血税を意味なく気前よくばら撒く国はないのです。 そこには、「善意」という偽善に群がる援助ビジネスの利権構造が存在するからです。 今回は、国民の税金の無駄遣いの最たるものとして、ベールに包まれた不信の極みであるODAの実態の一部を簡単判りやすく解説してみます。
タイトルとURLをコピーしました