マスコミは国民の敵

カルロスゴーン

カルロス・ゴーンは稀代のワル?マスコミの豹変ぶりには驚くばかり

ゴーンの逃亡で、日本の主権が犯されたと大騒ぎするマスコミと検察の麻雀コンビ。 今の日本が本当に公平な国であれば、「日本の主権」というものを真摯に受け止めたい。 しかし、マスコミ如きが扇動するこの手の話は実にわざとらしい偽善と幼稚なもの、こんな戯言に惑わされてはならないのです。今回は、主権を盾にゴーンを悪者に仕立て上げようとするマスコミのもっともらしい偽善に異議を唱えます。
トランプ大統領の魅力・批判他

トランプ大統領の公約実行に対して常にケチをつける日本のマスコミ

トランプ報道のフェイク第三弾。今回は、トランプ大統領の公約の一つであるメキシコ国境の「壁の構築」の問題をふり返り、いかにトランプ大統領がフェイクに扱われて来たかを考察して行きます。壁への拘りには、解決して行かねばならないそこから先の問題があるからです。大挙して押し寄せる移民への脅威や深刻な麻薬問題などにも触れ、簡単判りやすく解説します。
トランプ大統領の魅力・批判他

トランプ大統領の政策をまともに伝えない悪徳マスコミ

トランプ報道のフェイク第二弾。今回も前回に続き、メディアをフェイクと断罪する頼もしいトランプ大統領の動向にスポットを当て、簡単、判りやすく解説していきます。 メディアはトランプ大統領の功績を素直に報道しない。日本のマスコミに至っては茶々を入れてまでトーンダウンさせるのです。 報道を私物化したマスコミのやりたい放題を糾弾します。
トランプ大統領の魅力・批判他

トランプ報道で判った日本マスコミのフェイク報道ぶり

日本のマスコミのトランプ叩きは異常だ。日本のマスコミは、独自の取材もすることも無く、反トランプメディアの受け売りばかりの報道を流し続けてきました。 テレビなどは、トランプ大統領の有益な政策に対しても意図的に功績をトーンダウンさせるように誘導操作を行うのです。 日本ほどトランプ大統領に救われた国も無い。そうした中で悪意の報道を繰り返すマスコミを糾弾する。
タイトルとURLをコピーしました