EUを取り巻く難題

EUを取り巻く難題

英国はコロナが終息したらスコットランドで騒然となる

EUからの離脱で立て直しを図る矢先に、今度はコロナの直撃にあって大混乱に陥ったイギリス政府ですが、ここにきて、ようやく、コロナの脅威から抜け出す気配が見えてきた。 しかし、その後には、途轍もない難題が控えているのです。それこそは、イギリス政府を分断に導く大問題「スコットランドの独立」です。
EUを取り巻く難題

迷走するEU、ギリシャはEUの爆弾なのか

ギリシャは財政逼迫で常に危機状態、その隙を狙うロシアと中国の影。なによりギリシャはトルコから押し寄せる難民流入の最前線としてEUの防波堤の役割も担っている。ここにきてそのトルコとの関係は東地中海の資源をめぐって対立が激化するばかり、アメリカもEUもギリシャから目が離せない。どうなっているのかギリシャ?簡単に流れを解説してみる。
EUを取り巻く難題

ヨーロッパの将来はイスラム文化に覆い尽くされているかも知れない

100年後のヨーロッパは、キリスト文化は衰退し、イスラム文化が栄えていることだろうと予言する人達が増えている。ヨーロッパでは、このままイスラム教信者が増え続けていけば、それに触発される白人も増えていきキリスト教からイスラムに改宗する人も増え続けるのです。日本もEU諸国の現実を知らねばならない。
EUを取り巻く難題

EU諸国が移民の受け入れで窮地に立たされている。移民の発生が止まらない理由

大量の移民を受け入れて窮地に立たされているEU諸国にスポットを当て、何故、難民は発生するのかという素朴な疑問に対して触れ、その背景にあるものは何か、そして何故、EUは荒れだしたのか、別な角度でも簡単、判りやすく触れていきます。
EUを取り巻く難題

多くの移民を受け入れてきたEU諸国、その実態に迫る

EU諸国の移民受け入れ政策は限界に達したのでしょうか、予測を超えた様々な問題が噴出してきたことで移民政策は大きく揺れだしたのです。あれだけ移民に対して寛容であったヨーロッパの人々が危機感に陥っているようです。今回は、その実態を簡単判りやすく解説して行きます。
EUを取り巻く難題

EUは一体誰が取り仕切っているのか、EU組織の実態を知ろう

そもそもEUって誰が取り仕切っているの?という疑問に触れていきます。誰がどう見てもドイツの権限ばかりが増してきているように見えるEUですが、大統領や首相には権限はないのか? 今回は、EUの組織の仕組みと実態に触れ、簡単、判りやすく説明してみます。
EUを取り巻く難題

EUはどうなっていくのか、イギリスの離脱によってEUの今後が注目されています

EUはイギリスの離脱問題で一時期は揺れに揺れていました。これからのEUは一体どうなってしまうのでしょうか、今回はEUの今後について簡単判りやすく解説していきます。
EUを取り巻く難題

なぜイギリスはEUから離脱したのか、国民の不満は何だったのか

なぜイギリスはEUから離脱したのかを簡単判りやすく再度検証してみます。 イギリスにとってEUの取り決めは常に足かせなとなっていたのです。 EUに負担する予算は莫大なのに、その予算が自国に還元されないこと、そして何事も国家間で決められない不満です。 勿論、移民問題も大きな要因を占めています。イギリスは移民に対して寛容な国ですが、今迄とは異質な移民の流れに戸惑うばかりだったのです。
タイトルとURLをコピーしました