天皇制・皇室

天皇制・皇室

「不幸の貧乏神」小室は、皇室の威厳を失墜させる為に現れた

国民の小室への嫌悪は激しさを増す一方だ。それはそうだろう、小室はしらばっくれたまま逃げ切ろうとしているからだ。そんな中で、自民党の伊吹元衆院議長からも国民の祝福を得る為に「しっかりと説明をすべき」との指摘がでたが、もう遅すぎです。これは小室の作戦なのだろうか、小室は結婚に成功しても別れたとしても大金にありつけることに成功したのです。
天皇制・皇室

日本の皇室とオープンなイギリス王室の違いを比較してみます

今回は、日本の皇室とイギリス王室の違いを簡単判りやすく解説してみます。 日本の皇室とイギリス王室、一見似ているようですが、その成り立ち、そして歴史背景からしてもまるで違うものなのです。 また、イギリス王室は何故優雅な生活を送れるのか、更には世界中が驚いたヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱にも触れてみます。
天皇制・皇室

日本の歴史の歩みは天皇制と共にある

皇室に対しては、マスコミが仕掛ける低次元のゴタゴタに惑わされないよう、変わらぬ敬意を持ち続けたいものです。 日本の皇室は、神武天皇から2680年続くギネスにも載る世界最長の王朝なのです。天皇は絶対権力を持ちながらも象徴に徹し支配を行わなかったのです。 世界に誇れる皇室の凄い歴史の基本を知っておきましょう。
天皇制・皇室

不幸の貧乏神が皇室を蝕もうとしている

どうやら、皇室は本当に不味い状況になってきてしまったようです。 もはや小室は国民の敵でしかない、国民の多くはここまで来たら、もう勝手にやってくれとサジを投げたのです。 我々が何より危惧するのは、小室ごときのクズな話で、皇室への失望が巻き起こってしまう恐れです。それだけは何としても喰い止めたい。今回も皇室の存在意義を伝えて行きます。
天皇制・皇室

眞子様への説得はもういいから小室氏に詰め腹を切らせることだ

小室氏によって、秋篠宮家の人気は一気に凋落してしまった。これを見ても判る通り、国民は小室氏の存在に嫌悪を抱いているのです。これで結婚ともなれば、その影響は天皇家まで波及することにもなり、天皇制の存続にまで話が及んでいくかも知れません。何としてもそれだけは食い止めたい。日本の最高権威である皇室をつまらない話で失墜させてはならないのです。
天皇制・皇室

ここまできたら、政府は日本そして国民の為に皇室に介入するべきである

どうやら眞子様は、未だに結婚の意思が固いようです。眞子様には国民の声がまったく届いていないか、ここに来て判ったのは、驚くことに眞子様の周りにはマインドコントロールを解くような人物は存在していなかったというわけです。 今回は皇室の意義と何もしようとしない宮内庁の体たらくを糾弾して行きます。
天皇制・皇室

日本人のルーツであり、最後の拠り所である皇室の歴史を真剣に考えよう

眞子様と小室圭さんの結婚には、皇室に対して尊敬の眼差しで見る人ほど、この結婚に著しいどころか、激しい違和感を持つのです。 もし、この結婚が実現してしまったら国民の皇室への失望は測り知れないものとなることでしょう。特に、何もしない宮内庁の存在意義は真っ先に問われて然るべきです。 今回は皇室の重要性を簡単に解説して行きます。
タイトルとURLをコピーしました