ど田舎・本格田舎暮らし

ど田舎・本格田舎暮らし

別荘地は田舎暮らしの穴場⁉2

昨日に続き、「別荘地は田舎暮らしの穴場⁉2」です。確かに別荘地は移住の穴場ではあります。しかし、それは地方都市に近い場合や温暖地に限るということです。山間部の別荘地の場合は、冬場の利用を想定した作りではないので、ライフライン上のトラブルがつきものとなり、生活するには難儀を伴うのです……。
ど田舎・本格田舎暮らし

別荘地は田舎暮らしの穴場⁉1

確かに物件価格が安くなった今は、別荘地は穴場なのかも知れない。なにより、別荘地は綺麗に整備されているのでリッチ感も味わえるし、土着人間との煩わしい拘りもない。しかし、定住を想定して作られていない別荘地で暮らすとなると、想定外のリスクも伴うのでした。……。
ど田舎・本格田舎暮らし

冬の田舎暮らしを甘く見るな

第二の人生として、田舎暮らしを熱望する人は多い、とても前向きでいい話です。しかし目測を誤ると手痛いしっぺ返しが来るのも世の常なのです。今回は、マスコミが意図的に伝えない田舎暮らしの落とし穴「冬の過酷さ」をクローズアップさせ、お年よりを早死にさせない為に、田舎暮らしの負の部分にスポットをあて警鐘を促してみます。
ど田舎・本格田舎暮らし

今の田舎は便利がキーワード

田舎の人は不便に慣れっこと思いきや大違い、不便は敵、みんな便利を求めているのです。今の日本は、どんな過疎地にいようとも都会の情報が生で伝わってくる時代なのです。そんな時代に敢えて耐え偲ぶという不撓不屈の精神を好む人など余程の変わり者以外は存在しないのでした。
ど田舎・本格田舎暮らし

都会を発展させたのは田舎っぺだった

私は東京生まれ、若い頃の私は、地方出身者との接点がまるでなかったので、彼らを時代遅れの田舎っぺと半分小馬鹿にした目で見ていたのです。彼らは確かに最初の頃は田舎っぺ丸出しだった、ところが、ところが、彼らの順応力と変身ぶりは凄かったのです……。
ど田舎・本格田舎暮らし

若者よ田舎に逃げるな!

住まいをタダで提供する自治体も現れたりと移住誘致へのサービスぶりが大きく取り上げられていますが、実際に田舎で働くとなると現実はそう甘くないようです。田舎では、さしあたりの就職は用意されてはいるが、その職種は単純労働ばかり、選択肢は殆どないというのです。今回はそんな移住のカラクリに簡単に迫ります。
ど田舎・本格田舎暮らし

田舎を反社の隠れ蓑にさせてはならない

田舎はまかり間違うと犯罪者やオカルト教団などの拠点として利用されかねない危険性をはらんでいるのです。実際、長野で起こった自称ナチュラリストと称する若者たちの大麻栽培の摘発では、田舎は隠れやすいので、都会と違い警察の手が及ばないのではという安心感があったようなのです……。
ど田舎・本格田舎暮らし

日本の「ポツンと一軒家」は天国⁈

「ポツンと一軒家」は奥深い山奥の謎の一軒家を訪ねるという今までにない斬新な企画、しかもこれで判ったのは、日本は奥深い田舎にいくほど親切で明るい人ばかりという理想郷であったということ、これを見たら窮屈な都会に住んでいることがバカバカしくなってくるようです⁈⁈……。
ど田舎・本格田舎暮らし

お化けが怖くて古民家には住めない

古民家にお化けは出ません。けど、年季の入っただだっ広い古民家には独特の神秘があるので、ゲゲノの鬼太郎に出てくる妖怪達がいかにも登場しそうな雰囲気満載なのです。今回は、お化けが出そうな古民家の話しと、怖いもの見たさの「カリギュラ効果」について触れてみます。
ど田舎・本格田舎暮らし

古民家購入の落とし穴2

一昨日に続き今日も古民家の話しをさせて頂きます。前回も話しましたが、本格的な古民家に住むには、相当な覚悟がいるということです。それは古民家生活自体を維持することだけでも困窮を極めるからです。歳を重ねたら断捨離の世界、古民家は、お年寄りには不向き、年よりに広い空間はそぐわないのです。
タイトルとURLをコピーしました