朝日新聞の悪虐

朝日新聞の悪虐

朝日新聞の過去の中国報道を知れば、嘘で固められた朝日の正体が見えてくる

今回も朝日の悪行を風化させない為に書かせて頂きます。 前回は、文革時における朝日新聞の異常なまでの称賛ぶりを紹介して行きましたが、独裁権力者であった毛沢東の死によって、今度は文革そのものが徹底批判に晒せることになってしまったのです。そこでの朝日の驚くような豹変ぶり、変わり身の早さ、そしていささかも悪びれない朝日の鉄面皮ぶりをお伝えして行きます。
朝日新聞の悪虐

朝日新聞の正体は、散々な嘘偽りで日本国民を欺いた中国報道を知ると良く判る

今回は、朝日の悪行を風化させない為に、朝日の独占だった中国報道の「まやかし」について、簡単、判りやすく解説して行きます。 朝日の中国報道を見れば、朝日新聞が日本国民を欺く嘘新聞であることがよく判ります。 何故、朝日は中国報道を独占できたのでしょうか、その経緯に触れるとともに、当時の朝日の実態を紐解きます。
朝日新聞の悪虐

大嫌いな日本人を徹底的にバカにする弁護士先生方に、バカがかるーく喧嘩を売ってみる。

「従軍慰安婦」問題を作り上げた元朝日記者の裁判の判決が出たことで、思い起こしたのは、日弁連の国連でのロビー活動です。彼らの活動のお陰で、日本は未だに性奴隷を犯した民族のままにされているのです。一体こいつらは何者なのか。 日本国民を散々小バカにした人権弁護士にかるーく喧嘩を売ってみようではないか。
朝日新聞の悪虐

朝日は従軍慰安婦で日本にトドメを刺そうとしたことを忘れてはならない

今回は、朝日の悪事の中で、一番忘れてはならない最低最悪な従軍慰安婦問題にスポットを当てます。朝日の話は気分悪くなるので聞きたくないという人も多いと思います。けど、それでは陰湿冷酷の朝日くん達の思う壺、何といっても朝日くんは従軍慰安婦で日本にトドメを刺そうと企んだ極悪人です。簡単に風化させてなるものか!
朝日新聞の悪虐

靖国神社を軍部と一緒になって軍国主義のシンボルに仕立てたのは朝日新聞なのです

前回に続き、今回も靖国神社にまつわる朝日新聞の呆れかえる実態を簡単、判りやすくご説明いたします。 実は、戦前の朝日新聞は、軍部と一体化して靖国神社を勝手に戦争のシンボルに祀り上げたのです。そして朝日は靖国神社を戦意高揚に利用することで数々のイベントを企画するなどしてぼろ儲けをしていたのでした。それなのによくぞここまでの数々の卑劣な靖国潰しが出来るものです。
朝日新聞の悪虐

朝日新聞が仕組んだ靖国問題は、日本を貶めるための告げ口外交の始まりだった

朝日新聞の悪行を風化させない為に、今回は、靖国問題をテーマに簡単、判りやすく解説して行きます。 朝日が作り上げた靖国問題、これに反日の社会党が加わって、中国と日本は対等の関係ではない、日本には何を言ってもいいのだと、靖国の存在など何も知らず、まったく関心も無かった中国を口説き伏せた。こうして彼らは中国、韓国に靖国と言う外交カードを提供したのです。
朝日新聞の悪虐

「K・Y事件」の心の貧しさは、朝日のお望みの通り永遠に語り継ごう

今回は、朝日新聞が言う「K・Y事件」の心の貧しさを朝日のお望みの通り永遠に語り継ごうというものです。「K・Y事件」とは、筆舌に尽くしがたい前代未聞の卑劣な出来事です。朝日のことなど心の片隅にも考えたくもない、しかし、朝日が日本人を貶める工作機関として生き続けている限りは、朝日の数々の悪行を風化させてはならないのです。
自虐史観

「従軍慰安婦」で思い知った自虐史観の怖さ

我々日本人は「従軍慰安婦」という朝日新聞の捏造報道によって、改めて自虐史観のマインドコントロールの恐ろしさを思い知ったのです。 日本人は未だに自虐史観の精神が染みついてしまい、洗脳から完全に解けていないのです。今回は、自虐史観の怖さを簡単、判りやすく解説するとともに、朝日と言う悪魔が未だに生き続けていることに異議を唱えたい。
自虐史観

朝日新聞の「中国の旅」は、日本人に自虐史観を植え付けた悪の教材だ

日本人を自虐史観に陥れた張本人は、GHQではなく、朝日新聞と日教組の仕業であることは誰もが知るところです。 敗戦からようやく立ち直った日本人は、これからは普通に生きたいと願うも、いや、そんなことをさせて堪るかと、強引に懺悔の精神を植え付けた朝日と日教組。残念ながら、この極悪コンビが仕掛けた洗脳は今でも健在なのです。
タイトルとURLをコピーしました