朝日新聞の悪虐

朝日新聞の悪虐

日本の信用回復の為に活躍する「なでしこアクション」の活動を知ろう

今回は、日本の為、日本国民の為に日本を貶めようと企む勢力と戦う「なでしこアクション」の活動を簡単判りやすく紹介して行きます。 朝日新聞が起こした卑劣な捏造の被害は、未だに拭えないままなのです。実は、従軍慰安婦像は未だに世界中で設置されているのです、それを阻止するために奮闘する「なでしこアクション」の存在を是非知っておきましょう。
朝日新聞の悪虐

朝日新聞は常に皇室を狙い撃ちにしようと企んでいる

約20年前に朝日とNHKが「昭和天皇を強姦罪で死刑にする」というイベントを主催したことをご存じでしょうか、今回はこの話題を中心に話を進めていきます。 何度も言うが、朝日や反日の目的は、日本の弱体化と日本人の精神を骨抜きにすることなのです。この目的に立ちはだかるのが皇室の存在ということ、なので、彼らは天皇制廃止を声高く掲げ皇室攻撃に躍起となるのです。
朝日新聞の悪虐

日本のマスコミは朝日を筆頭に中国の傀儡だ

朝日新聞は、毛沢東やポルポトなど大量虐殺を行った指導者をとことん褒め称える異様な組織です。今も習近平や文在寅を賢人政治家と褒めちぎり、日本の安倍前首相や菅首相を無能な政治家と糾弾するのです。 今回は日本国民にとって死神か悪魔でしかない朝日の腐った実態に迫るとともに、マスコミ全体の中国報道のまやかしに意義を唱えて行きます。
朝日新聞の悪虐

朝日新聞らマスコミによる「北朝鮮帰国事業」のまやかしを忘れるな

朝日新聞が「地上の楽園」と礼賛した「北朝鮮帰国事業」のまやかしを風化させてはならない。これによって多くの在日や日本人妻を絶望のどん底に落とし入れた朝日の罪は途轍もなく大きいのです。 朝日新聞とは、ここでも多くの人達の恨みを買っているのです。毎度思うが朝日とは、こんな悲惨な状況を作りあげながら平気でいられることに良心の呵責を感じないのだろうか。
朝日新聞の悪虐

戦前の朝日は日本人の生き血を吸って金儲けをした死神だ

今回も、日本国民は知っておかねばならない事実、呆れかえるほど酷い、戦前の朝日と戦後の朝日の正体を簡単、判りやすくご説明いたします。 朝日は、戦前に散々なまでの戦意高揚を煽り、多くの若者を戦地に送り、死に追いやってきたのです。朝日こそは日本人の生き血を吸って商売をした、日本人にとって許しがたいA級戦犯なのです。
朝日新聞の悪虐

戦前の朝日新聞は、戦争でぼろ儲けをした「死の商人」だった

戦前の朝日新聞は、軍に対して恫喝できるほどの国粋主義者だったのです。その朝日が戦後一変して、善人を気取りはじめ、戦争責任に対する自責の念を持つよう国民に対して強く叱咤しだしたのです。 朝日ごときに、そんな偽善を言われる筋合いも無いし、とてもではないが彼らにはその資格もないのです。今回は戦前の朝日の悪魔の姿をお伝えしていきます。
朝日新聞の悪虐

お調子者の朝日新聞は何故、大新聞と称されたのか

朝日新聞はどうして大新聞と呼ばれるようになったのか、戦前は軍部の提灯持ちとして散々戦争を美化して銭儲けを企んでおきながら、戦後は平和の使者を標榜するという驚くべき大変身、しかし実際は日本人を地獄に落とそうと企む悪魔の集団だった。今回は、ズルく汚いお調子者の朝日の軌跡を振り返り、簡単判りやすく、そのしたたかぶりを紹介していきます。
朝日新聞の悪虐

仰天!!朝日新聞はポルポトを心の優しい指導者と言うのです

朝日新聞は、世紀の大虐殺を実行したカンボジアのポルポトを稀に見る善人であると大絶賛したことをご存知でしょうか、これは世紀の大誤報と問われてもおかしくない話です。 この時点では、ポルポト率いるクメールルージュの蛮行は世界中に知れ渡っていたにもかかわらず、ポルポトを褒め称えたのです。ところが、当時の朝日はどこからも咎められることも無かったのです。
朝日新聞の悪虐

日本に牙を向けた中国、この悪の礎を築いてきたのは朝日新聞だ

朝日は公然と日本国民を地獄に落とそうと破壊工作を仕掛けてきた。しかし、この悪魔は何事も無かったかのように我々の身近に存在している。この矛盾に対し多くの国民が激しい憤りを感じているのです。本来は朝日のことなど、一切干渉などしたくもない、だが、この悪魔が日本に巣くう限り、朝日が起こした数々の卑劣な陰謀を風化させてはならないのです。
朝日新聞の悪虐

中国報道を独占した朝日は、意図的に嘘情報を送り日本の崩壊を企んでいた

朝日が中国報道を独占した時期は、中国は歴史上稀に見る凄まじい限りの時代だったのです。しかし、朝日とは、こうしたジャーナリズム精神の真価が発揮出来る絶好の場に居ながら、あり得ないくらいのお花畑と嘘偽りで日本国民を騙し続けてきたのです。 今回は、朝日が中国と結託して、いかに日本を誑かせてきたかを簡単判りやすくお伝えいたします。
タイトルとURLをコピーしました