アメリカの不思議と疑問

アメリカの不思議と疑問

退任間近なのに罷免だとさ

民主党のペロシ下院議長は、トランプ大統領の罷免を要求し、再び弾劾裁判に持ち込もうと躍起なのです。しかしトランプ大統領の任期は1月20日に終了するのです。選挙に勝っただけでは飽き足らず、国を分断させてもトランプの息の根を完全に止めようとする民主党の稚拙な魂胆。今回は裏でバイデンを操るペロシ氏にも触れてみます。
アメリカの不思議と疑問

敵国キューバに何でアメリカの軍事基地があるのか、その不思議に迫る

昨日は、キューバ革命の英雄であるゲバラを取り上げました。 今回は、ついでにキューバの疑問?グアンタナモ基地について迫ってみます。 何でキューバの中にアメリカの軍事基地があるのか?誰もが思うこの疑問と、グアンタナモで行われた人権侵害によって、グアンタナモは閉鎖されたのでは? 今回はこの疑問を簡単判りやすく解説してみます。
アメリカの不思議と疑問

アメリカの真の独裁者フーバーFBI長官にせまる

今回は、ルーズベルト、トルーマン、アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソンという6人の歴代大統領が最も恐れた謎の人物、初代就任から亡くなるまで48年間にわたってFBI長官であり続けたエドガー・フーバーの謎にせまり簡単、判りやすく解説して行きます。
アメリカの不思議と疑問

ベールに包まれたシークレットサービスとはどんな組織なのか

アメリカ大統領の警護で有名なシークレットサービスとは、一体どういう組織なのか、アメリカという巷に銃が溢れている中での警護となると、その特殊な任務と役割は多岐にわたり常にサバイバルであることが想像されます。その実態を判りやすく紹介します。
アメリカの不思議と疑問

「世界の警察官」と「モンロー主義」、アメリカが変わろうとしている

アメリカは本当に世界の警察官を辞退してしまうのでしょうか、ここのところの中東戦略を見てもその様相が伺えます。世界の警察官の辞退には、モンロー主義の主張が反映されているとみる専門家も多いのです。今回はそのモンロー主義とは、そして200年前の宣言を持ち出し世界の警察官の辞退に結びつけるアメリカの真意に簡単に迫ってみます。
アメリカの不思議と疑問

果たしてアメリカのシェールガスは本物か

今回は、アメリカの強気の背景にあるシェール革命を中心に簡単、判りやすく解説して行きます。「シェール革命」は、21世紀最大の変革であると言われ、実現すれば、世界のエネルギー事情を激変させる世紀のインパクトであると大注目を集めたのです。 そうした中、アメリカは、昨年の9月時点でシェールオイル・シェールガスの増産によって70年ぶりに、原油と石油製品の輸出量が輸入量を上回り、とうとう「純輸出国」となったのです。
経済の疑問・お金・株

FRBとは、どういう組織なのか、やたらニュースに出てくるFRBに迫ってみる

FRBの存在は誰もが知るところですが、政府からの干渉を受けない独立した立場にあり、その組織の内幕はあまり知られていないのです。 世界の市場を一瞬にして動かし、世界の基軸通貨である強いドルを管理するFRBとは如何なる組織なのでしょうか、大統領の主張に対しても首を縦に振らないFRB議長の強大な権力に触れていきます。
タイトルとURLをコピーしました