jibangum

海外紛争

最大のタブー、ナチスを逃亡させた「バチカン」

ナチ党員や親衛隊員が何故、南米に逃亡できたのか、それはナチスドイツの元親衛隊員で組織する「オデッサ」が関与したことは当然として、実際の手引きのほとんどを行ったのは、ローマカトリック教会即ち「バチカン」の聖職者たちであることも明白なのです。 今回は、触れてはならない謎に少しだけ迫ってみます。
海外紛争

ベールに包まれたイスラエルの諜報機関「モサド」とは

今回は世界一優秀な諜報機関と言われるイスラエルの「モサド」に焦点をあて簡単判りやすくその実態を解説してみます。イスラエルは昔と比べると遥かに敵国は少なくなっています。しかし、ヒズポラやハマスのように、隙あらばテロを仕掛けてくる可能性のある過激派がいる限り、モサドは気を抜くことなど出来ないのです。
政治・社会不信・防衛

北朝鮮の建国と世襲の謎に迫る

そもそも北朝鮮は、何故スムーズに建国ができたのでしょうか、それは日本が残してきた最先端の工業技術をそのまま利用できたという置き土産のお陰なのです。 その実態は、北朝鮮に遠慮してマスコミも政府も表立てにしないのです。 今回は、これらの経緯を知らない人も多いので、簡単判りやすく解説してみます。
中国の正体

何をされても中国の支援に回るバカ日本

物凄い勢いで発展し続けた中国経済でしたが、調子に乗り過ぎてアメリカを怒らせてしまい、その余韻は冷めやらないままです。 窮地に立たされ、困り果てている中国ですが、そこに助っ人として毎度現れるのが、お馴染の財布の紐が緩い日本政府と言うのが定番です。結局、黄色信号がともり出していた「一帯一路」構想も動き出す気配が濃厚のようです。
中国の正体

近い将来、日本はチャイナタウンだらけとなる

今回は、中国人や韓国人による日本の土地を好き放題に買い漁っている危険な実態に迫り、簡単判りやすく解説して行きます。 このままいくと日本国内に中国人自治区が出来上がってしまう可能性も出てきた。そうなれば大量の中国人が流れてくる可能性もある。冗談抜きで、日本は本当に属国化されてしまうかも知れません。
中国の正体

中国さんの「世界のリーダー」は誰も望んでいません

思わず吹き出してしまいそうですが、中国は本気で、アメリカに変わる「世界のリーダー」を目指しているそうです。ドルに代わって偽札ばかりの元の登場だそうだ。 悪い冗談はやめて頂きたい、中国が「世界の警察」になったら、世界中にウイグル並みの強制収容所がいくつも建ってしまうことでしょう、それだけはご免被りたい。
中国の正体

中国の日本憎悪はどこからくるものか

中国共産党は日本を常に仮想敵国に仕立て上げ、執拗な憎悪を煽り立ててきました。 そのネタ元を作り上げて、全面支援を行ってきたのが朝日新聞であるということは誰もが知る事実です。結局、中国人は何に対して怒りを感じているのだろうか?その一番はやはりこれだった。今回は、その根源を取りまとめ簡単かつ判りやすく解説して行きます。
新聞・テレビマスコミの闇

「勘違い人間の巣窟・差別の温床」新聞屋をぶった斬る

今回は、看板が取れたら虚言癖のタダのアル中にしかなれない、欠陥人間の総本山である新聞屋の実態を簡単判りやすく紹介してみます。 嘘偽りで国民を欺いてきた報いなのか、記事を書いても誰からも見向きもされなくなった哀れな新聞屋、今ではちゃっかりと不動産屋と興行師が本職となってご活躍だそうです。
マスコミは国民の敵

マスコミに消された総理大臣、田中角栄

今回は、ロッキード事件の発覚により、金権政治の象徴、闇将軍と言われ、亡くなるまでマスコミから叩き続けられた田中角栄元総理に迫ってみます。 田中角栄と言うと、真っ先に思い浮かぶのが「日本列島改造論」です。 この発想は、良きにつけ悪しきにつけ、日本を劇的に変えたものとして、その余韻は未だに残り続けているのです。
マスコミは国民の敵

新聞屋に消された日本人唯一のノーベル平和賞受賞者

これからは、新聞権力者達の独断・独善の横暴を許してはならない。 今回は、特権に胡坐をかき、第二の権力者となった新聞社と激しく対立したことで、功績や名誉なども消されてしまった日本人で唯一のノーベル平和賞受賞者である佐藤栄作元総理大臣に迫り、当時の経緯や功績などを簡単判りやすくお伝えしてみます。
タイトルとURLをコピーしました