日本の信用回復の為に活躍する「なでしこアクション」の活動を知ろう

朝日新聞の悪虐

令和のサムライ通信:朝日の悪逆17の巻

韓国や日本の反日勢力に対抗して慰安婦像の設置を阻止する「なでしこアクション」という女性中心の市民団体が海外で活躍していることをご存じでしょうか。

今回は、従軍慰安婦像を撤去するために海外で奮闘する「なでしこアクション」の地道な活動を取り上げ簡単判りやすく紹介して行きます。

実は、従軍慰安婦像は未だに世界中で設置されているのです。つい最近も、ドイツのベルリンに設置されたことで物議を醸し、日本とドイツの外交問題にまで発展しているのです。

 

慰安婦像とは、日本人の蛮行という嘘偽りを知らしめるための象徴として建てられたもので、日本人にとっては非常に気色の悪いイメージしかないものです。

この従軍慰安婦像を世界中に設置しようと活動しているのは、韓国の団体や日本の反日団体です。彼らは途中から慰安婦を「ジェンダー」と絡めて都合よく利用して、日本の評判を落とそうと慰安婦像の設置活動を展開しているのです。

それに待ったをかけるために活動を行っているのが、女性を中心とした団体「なでしこアクション」なのです。

日本のマスコミは、殆ど彼女たちの活動を取りあげません。日本で「なでしこアクション」の活動を取り上げているのは、産経グループだけです。実に悲しい話ですよね。

実は、彼女たちの奮闘によって、かなりの数の慰安婦像の設置は阻止されているのです。

そのような組織があるなんてぜんぜん知りませんでした。どういう組織なのですか。

代表は山本優美子氏で、「なでしこアクション」の活動は「慰安婦問題を私達の世代で終わらせよう」という主旨で2011年に結成されたのです。海外では未だに戦時中に韓国人女性達が慰安婦として日本軍に強制連行・性奴隷にされたというとんでもない嘘を信じ込んでいる人が沢山いるのです。これは事実無根の歴史の歪曲だと訴える活動を行っているのです。

 

なるほど、とてもたのもしいですね、私たちの思いもこの方々と一緒な感じがします。

「なでしこアクション」はズバリ従軍慰安婦像の阻止のための市民団体ということです。
彼女たちの活動は、日本国内では慰安婦問題で事実と異なる決議をおこなった地方議会に抗議を行ったり、外国での慰安婦像の撤去を求めて、慰安婦の実像についての情報を発信して説得にあたるという、女性の視点で抗議活動を行うという頼もしい組織なのです。

海外で慰安婦という濡れ衣が払拭出来ないのは、未だアメリカを中心に韓国と中国の執拗な反日運動が展開されているからなのです。

しかもそれを裏で支えているのが朝日を中心とした極左日本人グループや在日団体なのです。

しかし、そうはさせてならないと奮闘しているのが「なでしこアクション」なのです。

この人達の活動は、なんで知られていないのでしょうか、日本人の為に活動しているわけですよね、そうか日本のマスコミは反日ですものね、本来はNHKあたりが取りあげるべき、まあ、NHKもダメか。

いかに日本のマスコミが日本人を軽視して蔑ろにしているかがここでもよく判るよね。
「なでしこアクション」の活動はアメリカのメディアでは結構取り上げられているのですが、日本では、韓国や同業朝日に遠慮してか、殆ど無視状態なのです。
日本のマスコミは本当にふざけているよね、こうして報道しない自由を主張して、存在を無き者にするのです。
こういう人達の活動を日本人は絶対に知るべきだ。

 

私も恥ずかしながら初めて存在を知ったのですが、ぜひとも活動を応援したいものです。

私も以前、慰安婦問題で日本を貶めようと企む勢力と戦う日本の女性たちのグループ「なでしこアクション」が、オーストラリアで奮闘する記事をネットで読み、とても熱くなった。
それに引き換え、日本国内では、慰安婦問題となると、なんでこんなに及び腰になるのだろうか、そもそもこんな話は大嘘の作り話の筈だ。日本のマスコミがこうした奮闘をわざと黙殺するのは、マスコミ全体が反日や韓国に乗っ取られているからだというしかない。

政府は海外に住む日本人を全力で保護すべし
朝日のせいで海外では日本の子供たちが差別を受け、普通の母親や駐在員が日々、反日謀略組織の攻撃に怯えて暮らす実態があるのです。

何といっても、アメリカやオーストラリアでは、韓国人や中国人は日系人の10倍の数になっているのです。

前も聞きましたが、海外に住む日本人や日系人は気の毒ですよね、慰安婦像なんかを勝手に建てられたら、なんの意味かもわからなかっただろうし、それで差別にあったらたまりませんよね。

日本のマスコミは逆に韓国の肩を持ち、日系人の立場もまったく理解しないのだよ、これでは日系人の怒りは日本政府に向き、日系の子供たちは日本に誇りも持てなくなる。これは朝日や反日の思惑通りだ。
日本人は、この現実に目を背けてはならないのです。しかし、日本のマスコミは意図的に無視し続けるので情報が入ってこないのです。


日本を貶める為なら何でもありの卑劣な行為
韓国と日本の反日団体は、アメリカ人の慰安婦なんかいないにもかかわらず、アメリカの各地に慰安婦像を立てる運動を繰り返すのです。これは海外で日本に恥をかかせ、貶めるための効果的作戦なんだということらしい。

「なでしこアクション」の山本優美子代表は、活動中、韓国の団体や反日団体から、事実を認めようとしない歴史修正主義者と非難を浴びるそうですが、「私は女性の人権に反対したことはない。間違った歴史を、『間違っている』といっているだけです」と、毅然と立ち向かうのです。

ここで杉田水脈氏へのバッシングを思い起こそう、残念ながら、日本では杉田氏が日本の名誉を回復させるために貢献した人物である事実を知らない人が多いのです。

彼女は確かに無礼な物言いは多かった、しかし、彼女も「なでしこアクション」と同じく、間違った日本への醜聞を正そうと国連に何度も働きがけ尽力した一人なのです。

彼女は日本人に感謝されこそ非難を浴びる謂われはないのです。

もうお判りでしょう、彼女を執拗に叩き続けているのは、従軍慰安婦の醜聞を世界にまき散らそうと活動を行っている反日勢力の人間達なのです。
こんな奴らに、彼女が行った日本そして日本人救うための勇気ある行動が消されては堪らないと思うのです。

まとめ
結局、従軍慰安婦問題が捏造と発覚しても、海外では、未だ日本に対する「性奴隷国家」の汚名は拭えないままなのです。そして慰安婦像を立てる動きも続いている。

海外でのこととなると、中々実情がつかみにくいこともある。

そうした中での「なでしこアクション」の活動は、日本人の誇りでもあるのです。

ぜひ「なでしこアクション」のホームページを見て頂き、彼女たちの活動方針を理解したうえで応援してみてはいかがかと思うのです。

タイトルとURLをコピーしました