仰天!!朝日新聞はポルポトを心の優しい指導者と言うのです

朝日新聞の悪虐

令和のサムライ通信:朝日の悪逆12の巻

約1000万の人口のカンボジアで200万人の国民を短期間で虐殺した悪魔の首謀者といえば、誰もが知るポルポトです。
ポルポトは、毛沢東を崇拝し文革に影響を受けた過激な人物で、クメールルージュの最高責任者です。
このポルポトがカンボジアを制圧した際に、朝日新聞が日本の国民に向けて報道した仰天、唖然のトンデモ記事をご存知でしょうか。

 

朝日新聞はポルポトを稀に見る善人であると高く評価し、ポルポトはアジア的な優しさに溢れた指導者だと大絶賛したのです。

更には、ポルポト・クメールルージュ体制を楽天的で明るい社会主義者だと褒め称え、巷で噂された粛清や殺戮などあり得ないと報道したのでした。

実は、この時点でクメールルージュの残虐性は、世界中に知れ渡っていたのです。

にも拘らず、ポルポトの政権掌握を正義の革命とばかりに持ち上げ、これからのカンボジアは平和が訪れ安泰などと、あり得ないノー天気な記事を書いているのです。

この記事を書いた朝日の和田俊氏(故人)は、一体どこで、何を見て取材したのでしょうか、いくら何でも、恐怖の真っ只中のプノンペンにいたとは思えないし、タイのバンコクあたりで憶測的に書いたものと推定されます。

彼は、ポルポトはアジア的な優しさに溢れた指導者というが、ポルポトに会えるはずもないのです。

この仰天嘘記事を書いた和田氏は何のお咎めもなく、その後も出世を遂げ、朝日退社後もテレ朝ニュースステーションの解説者となるのです。

またしてもテレ朝ですか、それにしても、報道ステーションって伝説を作り上げた方が好きなのですね。

そう、朝日は名物記者ばかり、この方もあの反日のシンボル靖国問題を作り上げた加藤千洋と全く同じコースです。
当時は、まだ朝日の数々の嘘、捏造が表沙汰になっていないこともあり、彼らが靖国の仕掛け人でカンボジア嘘報道の張本人だとは誰も気づかなかったのです。
ご記憶の方も多いと思われますが、この2人、虫も殺さぬ善人を装って解説していましたよね。

 

この超ガセネタ記事はその後も影響を及ぼした
実は、殆ど知られていませんが、この朝日のトンデモガセネタ記事によって、日本でも多くの被害者が出ているのです。
それは、日本に留学していたカンボジア学生達です。

ポルポト政府は政権発足後、新国家の為に尽くしてほしいなどと、世界中に嘘のメッセージを送り留学生たちに帰国を促せているのです。

これを受け、特に朝日の報道を信じた日本在住のカンボジア留学生は一斉に帰国の途に就いたのでした。

そこに待ち受けていたのは、問答無用の拷問の末の処刑だったのです。

こうして、海外から帰国したカンボジア留学生は全員処刑されたのです。
結局、朝日の報道は、カンボジア留学生にとって、最悪な命取りの情報となってしまったわけです。

えーっ、そんな話があったのですか、この留学生の話は誰も知らないでしょうね。

記事の影響力は大きいということ、本来は責任を問われて然るべきだが、朝日を訴えたくてもみんな殺されているし、朝日は自分達のせいではないと逃げられるからな。

結局、取材らしいことを全くしていないのに、これだけいい加減なことを平気で書けてしまうところが朝日の連中の節操の無さです。

しかし、新聞社が個人の憶測で誤報を流していいわけがない。この誤報でだまし討ちにあい、日本に留学していた前途有望な若者の命が失われたのです。

クメールルージュは虐殺ありきの恐怖の集団
そもそもクメールルージュとは、すべてゼロから始まるという原始的思想からなる異質で危険な政策を掲げている恐怖の集団なのです。

彼らの言う、ゼロから始めるとは?すべてのものを破壊し尽し、ゼロから始める事なので、文化も歴史も破壊し、それに携わっている人間もろとも抹殺するということなのです。

朝日は、そのポルポトを稀に見る善人で、アジア的な優しさに溢れた指導者だと評したのです。

これは一体どこから拾ってきたネタなのだろうか、要は同じ共産仲間の贔屓宣伝を自分達の新聞を使って垂れ流したということなのでしょう。

記事を信じて帰国した人は本当に気の毒ですね。

まあ、朝日の場合は毎度、後先考えないでいい加減なことばかり書くので、これに似たケースはたくさんあるのだよ。
特に似ているのは、北朝鮮への帰還事業「地上の楽園」だよな、この朝日の報道を信じて多くの人が半島に渡っていった。

それは朝鮮の人たちは自分の故郷へ帰るのだからいいが、一緒についていった日本人妻の人達のことはどう思うのだろうか、朝日による「地上の楽園」のプロパガンダは物凄く影響していたはずだ。

 

結局、存在が大きいので信じる人が多かったからでしょうか、なんか、朝日って物凄い罪なことばかりやってきたのですね。

まあな、この時点ではまだ、気の狂った奴らなのが見抜けなかったからね。
しかし、ひでえ奴らだよな、考え方が普通じゃない、毛沢東への賛美は異常だったし、スターリンも崇拝していた。その流れならポルポトを褒めちぎるのも当然の成り行きか、朝日は共産主義者の牙城なので、「同じ穴の貉」ということに尽きる。

これ一つ聞いただけでも朝日は「退場」です。しかしながら、「退場」この言葉が毎回出てきてしまうほど朝日は腐り果てた組織だということです。

心の広い日本国民も、朝日が中韓北の為に日本を牽制する存在であることをさすがに気が付いたのです。しかしそんな大甘な認識ではダメです。

何度もしつこく言う通り、朝日の本当の役割は日本人を地獄に落とすことです。

彼らこそがポルポトなのです。

タイトルとURLをコピーしました