スローライフ

過去のトラウマを撃退しよう

人はどうしても、思い出したくも無い出来事などが突然、甦ってくることがある、この思考が習癖化してしまうと、しまいにはPTSDを発症してしまう恐れもあるので要注意なのです。それを撃退する方法として効果的なのが「心の呪文」です。フラッシュバックしそうになったら呪文を唱えて撃退するのです。
スローライフ

遊びと学びで人生をまっとうする

歳をとったらやっと判ってきたことがある、それは「命と時間」はすべての人間に平等に与えられているということ、であれば、お金では買えないこの貴重な時間を学ぶことや遊ぶことなどに有意義に使いたいもの、情熱を失うと人は一気に老け込むのです。
スローライフ

レトロというデジャビュの世界

前回は、スローライフとノスタルジーの世界について簡単に解説しました。今回はノスタルジーには外せない言葉となった「レトロの世界」に簡単に触れてみます。今や、昭和にタイムスリップしたと錯覚させるようなレトロを演出したミュージアムが登場するなど、レトロを主体にして町興しを狙う観光地も増え続けているのです……。
スローライフ

ノスタルジックはスローな空間にあう

誰の心にもあるノスタルジックの気持ち、悪い過去は一切捨て去り、自分が輝いていた時だけを呼び戻してみる。当時流行った懐かしの音楽を聴きくなどして、自分だけの満足を育む貴重な時を作り出す。人間たまにはノスタルジックに浸るのもいいものなのです。
スローライフ

感動にも賞味期限がある

今回は、感動がテーマ、しあわせを育む感動の持続に迫ります。どんなに素晴らしい光景でも、人は見慣れてしまうとだんだん感動感も薄れて行き、終いには、当たり前の光景となっていくものです。特に都会などでは、目の前に感動が広がっているのにそれに気が付かないことさえあるのです……。
遊び・探検・旅行

「くいだおれ精神」

私たちは相変わらず月に2回ほどリーズナブルなホテルに宿泊して食べ放題を堪能して発散しています。満腹になるまで食べられるというのは何よりの幸せ、人間食べられなくなったらとてもつまらない、食べることによって得られる幸福感は、何ものにも代えられません。
社会・国際情勢

この所業は化け物としか思えない

ついこの間、相次ぐ凶悪犯罪への不安を払拭するために、遠くで起こった事件が身近に感じてしまう「体感治安」の話を取り上げました。ところが残念なことに、一連の凶悪事件に触発される形で、またもや世を震撼させる凶悪犯罪が起こってしまったのでした。何とか抑止につなげる手立てはないものか。
社会・国際情勢

雑学のすすめ、神様のはなし

キリスト教とユダヤ教そしてイスラム教の神様は同じだった。凡人の私もその事実を知ったのは20代中頃になってからのこと、驚きのあまり腰が抜けそうでした。どう見たって別の存在としか思えませんし、あれだけの対立関係にあって、一体どこに接点があるのだろうかと思ったものです。
社会・国際情勢

互いの心を癒すボランティア精神

日本人は災害の被害に見舞われた光景などを目にすると助けてあげたいという衝動にかられるのです。それは、日本人には助け合いという社会奉仕の精神が根付いているからです。人を助けて感謝されることで自分の心も満たされる。こうした心暖かい気持ちを常に持ち合わせたいものです。
社会・国際情勢

日本は世界一「便利」な国

自信を持とう、日本ほど便利を謳歌出来る国はない。 コロナ過の猛威もあって、社会不安が増大し精神的に落ち込む世の中となってしまった。しかし、日常の生活においては何ら不自由はないのです。それは一にも二にも便利を謳歌出来ているからなのです。この便利の源を考えてみたい。
タイトルとURLをコピーしました