スローライフ

海や山からパワーを引き寄せる

海や山の美しい景観に身をゆだねると、私みたいなスケールの小さい人間でも、気分が高揚して少し大胆なことを書きたくなってきたりするのだから不思議なもの、これこそが潜在能力を開花させるワザなのです。今回は海や山の眺めがもたらす精神パワーについて簡単に触れてみます。
スローライフ

誰もが長生き出来る保証⁈はない

何度も言うが、長寿大国とマスコミなどが騒いでいるが、みんながみんな長生き出来るとは限らないのです。それは有名人達の若すぎる死を見れば一目瞭然のこと、今や医療の充実によって早期の発見、治療を施せば大事を食い止めることは出来てはいるが、油断をすると命を落とすことは今も変わらないということなのです。
スローライフ

食べられなくなるという残念無念

50代、60代ともなると徐々に老化の兆しが出てくるものです。その老化の現象は身体の内部にも波及していくので、自ずと食欲の減退も招いていくこととなるのです。歳をとると、味を感じる機能が衰えるという味覚症状の激変によって大好物だったものが食べられなくなるという虚しい境地に晒されて行くのです。
社会・国際情勢

日本はミステリアスな国⁈

日本と言う国は、本当はどう思われているのだろうか。それにしても、日本の周りは極端に器量の狭い嫌な国だらけ、もうそんな国はどうでもいいから、少しでも日本に理解を示してくれる友好国を増やして行きたいものです。散々判ったのは、金だけばら撒きゃいいってもんじゃないということ、何事にもアピールなのです。
社会・国際情勢

「親日国」はマスコミの印象操作

前回に続き今日もマスコミが洗脳する「親日国」というお花畑の虚報に迫ります。その中でも特に酷いのがイラン政府の「親日国」と言うまやかしでしょう、これに関してはマスコミの政治利用の意図が伺い知れます。トランプ政権時は鳴りやんでいた北の暴走行為も復活してしまった。日本国民は平和ボケから目を覚まさないとならない。
社会・国際情勢

幻の親日国家に縋る国民性

ドッシラケの選挙が終わって、こんな時だから、内向きの話だけでなく、日本が外国からどう見られているかということも知っておきたいもの、日本人の場合「親日国」と聞いたらとても心が緩むのです。それもその筈、周りが敵国だらけだからです。けど、マスコミがいう「親日」って、いったい何なの⁈⁈⁈……。
社会・国際情勢

完全に中国化したカンボジア

21日に放送されたNHKスペシャル「広がる中国化一帯一路の光と影」は、ショックそのもの、中国のやりたい放題は止まらない。日本人は個人で学校を作る活動を行うなど官民総出でカンボジアに尽くしてきたのです。そんなカンボジアは中国の軍事基地と中国人のための観光ランドに変身してしまったのです。
芸能・スポーツ・カルチャー

国民栄誉賞は政府のパフォーマンス

大谷選手に国民栄誉賞を打診するも辞退の返答があったという、当たり前だ、何と言っても大谷選手はまだ若い、ファンとしては、こんなものを与えてよからぬプレッシャーをかけてほしくないという気持ちで一杯だ。なにより、国民は国民栄誉賞と聞いてもかつての崇高さも感じ取れないのです。
スローライフ

人は流した涙で癒される

泣くこと涙することは、決してネガティブなだけの話しではないのです。実は涙は発散の一つ、涙を流すと精神を浄化する効果があるので、涙を流した後は心が和み優しい気持ちになれるのです。なので、悲劇映画の観賞や失恋ソングを聴くと精神が整い癒し効果に繋がるのです。
社会・国際情勢

マスコミの洗脳から目を覚まそう

日本は長引く低成長のせいで、世知辛い世の中となってしまったのは事実のこと、そうした中でも、唯一の拠り所であるのが、日本の平和と治安の良さだったのです。ところがここに来て、日本の治安が脅かされているというのです。それにしても、虫けら以下のチンケな奴らのテロ行為ごときで日本の治安が脅かされて堪るものか!!
タイトルとURLをコピーしました